2022年のGalaxy AシリーズはDimensity 9000を採用予定、3年ぶりに高性能なAシリーズが登場

2022年のGalaxy AシリーズはDimensity 9000を採用予定、3年ぶりに高性能なAシリーズが登場

SamsungはGalaxy Sシリーズの他にGalaxy Aシリーズを展開しており、様々な市場のニーズに応えた製品展開を行っています。今回、Galaxy AシリーズがDimensity 9000を採用するという情報が流れました。

 

2021年はGalaxy A Quantumの後継製品のGalaxy Quantum2(SM-A826S)が発表されましたが、国際市場向けにGalaxy A82 5Gが発表されなかったので、低価格で高性能なAシリーズの製品は発表されませんでした。

 

2022年1月にはSnapdragon 888 5G/Exynos 2100を搭載したGalaxy S21 FEを発表しましたが、Galaxy A90やGalaxy A80の所有者は後継製品への乗り換えを望んでいると思うので、今回の情報は非常に嬉しいものでしょう。

 

Dimensity 9000はTSMC N4で製造され、CPUは1xCortex-X2 3.05GHz+3xCortex-A710 2.85GHz+4xCortex-A510 1.8GHz、GPUはMali-G710 MC10です。LPDDR5XやBluetooth 5.3対応など、Snapdragon 8 Gen 1やExynos 2200よりも優れた点が存在しています。

 

 

Source | 参考