Snapdragon 660を搭載したMeizu Note9 Liteは存在せず。CEOが明言

Snapdragon 660を搭載したMeizu Note9 Liteは存在せず。CEOが明言

Meizu News

先日様々なメディアによって“存在する”と伝えられたQualcomm Snapdragon 660を搭載したMeizu Note9 Liteですが、残念ながら存在しないとCEOの黄章(Jack Wong)氏がMeizu BBSで明言しました。

 

当該スレッドは削除されてしまいましたが、上画像とともに「ある部署にMeizu Note9のSnapdragon 660を搭載したモデルが存在しているというニュースが流れた」というスレッドが建てられ、それに対しCEOは「Snapdragon 660モデルは存在していない」と回答しました。

3月6日に発表されるのはSnapdragon 675を搭載したMeizu Note9のみとなります。

 

CEOが嘘を吐くとは考えづらいのでSnapdragon 660を搭載したMeizu Note9 Liteは存在しないのでしょう。そもそも元々のソースが不明瞭であった点の不自然ですし、発表間近なのにTENAA(電信設備進網管理)の認証を通過していないことを考えたら存在しないと考えるのが普通でしょう。

今まで様々な製品を発表していますが、発表前に製品が様々な認証を通過していないという事例はMeizu X8を除いてありません。その例外となるMeizu X8もCEOによって発表前から数回に渡って存在が明かされていますので、今回のMeizu Note9 Liteの例とは異なります。

 

Meizu Note9はTENAAによって大まかなスペックが公開されており、Android 9 Pie、6.2インチFHD+(2244×1080)のTFTディスプレイ、CPUは2.0GHzのオクタコア構成(Qualcomm Snapdragon 675)、リアカメラが4800万画素+500万画素のデュアルカメラ、フロントカメラが2000万画素のシングルカメラ、容量は6GB+64GBの1モデル展開、外部SDカードに非対応、バッテリー容量は3900mAh、カラー展開はブラック、シルバー、ブルーの3色となっています。

 

 

Source