副総裁の李楠 氏によりMeizu MX6で撮影された写真が公開

副総裁の李楠 氏によって、7月19日に発表されるMeizu MX6のフォトサンプルが公開されました。

李楠 氏はカメラ性能は非常によく、綺麗に撮影出来ていると発言しております。

 

Meizu MX6はリアカメラに1200万画素のカメラを搭載することがわかっておりまして、今回のフォトサンプルにより、Sony製のイメージセンサーのIMX 286ではないかと思われております。

Sony製のイメージセンサーのIMX 286はHuawei P9にも採用されているもので、品質の高い写真を取ることを可能にしております。

 

今のところわかっているMeizu MX6のスペックは、Android 6.0 MarshmallowをベースとしたFlyme 5.2、画面解像度は1920 x 1080のFHD、SoCにMediaTek製のHelio X20(MT6797)、GPUにMali-T880、リアカメラが1200万画素・フロントカメラが500万画素、RAM 4GB・内蔵ストレージ32GBとなっております。

Meizu Pro 6がRAM 4GBの2モデル展開でしたので、Meizu MX6もRAM 4GBの2モデル展開になる可能性が高いです。

 

Ubuntu Editionが存在していることもわかっております。

こちらのコードネームはDr.スランプ アラレちゃんの出てくる則巻みどりから用いられた”Midori”というものになっています。

 

圧縮されていない写真を見るには -> SAMPLE.img

 

Source

weibo