Meizu MX6の背面を撮影した画像が公開。Meizu Pro 6の様なリングフラッシュは無し

2016年度のMXシリーズスマートフォンであるMeizu MX6の背面を撮影した画像が公開されました。

前面、背面と揃いましたので、後は側面の画像が待ち望まれます。

 

背面には1200万画素のカメラが出っ張るように配置されており、その下にはフラッシュが配置されています。

Meizu Pro 6に採用されていたリングフラッシュはありません。

Meizu Pro 6では10個のフラッシュを円状に配置することによって、リングフラッシュになっております。

 

AntutuによってわかっているMeizu MX6のスペックは、Android 6.0 MarshmallowをベースとしたFlyme 5.2、画面解像度は1920 x 1080のFHD、SoCにMediaTek製のHelio X20(MT6797)、GPUにMali-T880、リアカメラが1200万画素・フロントカメラが500万画素、RAM 4GB・内蔵ストレージ32GBとなっております。

Meizu Pro 6がRAM 4GBの2モデル展開でしたので、Meizu MX6もRAM 4GBの2モデル展開になる可能性が高いです。

 

Ubuntu Editionの存在が確認されており、Meizu MX6 Ubuntu Editionが今後発売されます。

コードネームは”Midori”となっております。

 

Flymeバージョンのコードネームはm95となっており、正式にMeizu MX5の後継機であることが判明しております。