Samsungが“Galaxy Note”の商標を更新せず、Note20/Note 20 Ultraが最後の製品か

Samsungが“Galaxy Note”の商標を更新せず、Note20/Note 20 Ultraが最後の製品か

Samsungの主力製品としてSシリーズとNoteシリーズがありますが、Sシリーズとの競合やGalaxy Z Fold3 5GのS Pen対応も相まってNoteシリーズの廃止が囁かれています。そんな中、Samsungが“Galaxy Note”の商標を韓国の特許庁(KIPO)で更新しなかったことが明らかになりました。

 

KIPOを確認すると2021年8月31日付けでSamsungはGalaxy SとGalaxy Z、Galaxy M、Galaxy Aの商標を更新しましたが、Galaxy Noteは更新しませんでした。これは韓国市場で製品を発表する際に必要な商標で、Galaxy Sから始まる製品やGalaxy Zから始まる製品を“Samsungという企業のみ”が発表できます。

 

そのため、今回更新されなかったGalaxy NoteはSamsungから発表されない可能性を含み、2020年発表のGalaxy Note20Galaxy Note20 Ultraが最後の製品になる可能性があり、2011年9月から開始したGalaxy Noteシリーズに幕を下ろす瞬間が来ています。

 

Source | 参考