SAMSUNGがExynos 9 Series(9810)をCES 2018で発表予定。世界初となる6CC CAに対応

SAMSUNGがExynos 9 Series(9810)をCES 2018で発表予定。世界初となる6CC CAに対応

Other

SAMSUNGが2018年1月9日から12日にアメリカのラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(Consumer Electronics Show、CES 2018」にて新SoCとしてSAMSUNG Exynos 9 Series(9810)を発表予定であることがプレスリリースによって判明しました。

Exynos 9 Series(9810)はCES 2018にて何らかの賞を受賞予定としています。

 

Exynos 9 Series(9810)はSAMSUNG Galaxy S8/S8+/Note8に搭載されたExynos 9 Series(8895)の後継モデルです。

CPUには3世代目のカスタムコアを搭載するようで、これはおそらくCortex-A75をカスタムしたExynos M3のことだと思います。

GPUにはARM製Mali-G72を12コア(MP12)以上搭載すると見られ、製造プロセスは期待されている7nmではなく、10nmと発表しています。

 

一番の魅力としては6バンドのキャリアアグリゲーションを行う6CC CAに世界初対応している点でしょう。

Qualcomm製プラットフォームのSnapdragon 835を3CC CAで、Huaweiに独占提供しているHiSiliconのKirin 970は5CC CAとなっています。

ただ、最大1.2Gpbsの通信速度はネットワーク側の対応が必要になるので、恩恵に授かるにはもう少し掛かりそうです。

 

このExynos 9 Series(9810)は2018年春に発表予定とされているGalaxy S9シリーズに初搭載する見込みです。

Snapdragon 845がどの程度のパフォーマンスを発揮するのかは不明ですが、このままだと何やらQualcommとSAMSUNGで大きな差が出来てしまいそうです。

 

参考

Source