魅藍E2(Meizu M2 E)の製品画像がTENAAにて公開。アンテナライン上にカメラとフラッシュが配置

4月26日に発表される魅藍E2(Meizu M2 E)の製品画像が中国の認証機関であるTENAAにて公開されました。

スペックは既に公開されており、製品画像が後に公開されました。

 

画像を拝見すると、前面のデザインには今までのMeizuスマートフォンと大差なく、背面が大きく異なっています。

上下にアンテナラインが有り、上部のライン上にカメラとフラッシュが配置されています。

フラッシュがライン上に収まっているというデザインは今までに見たことがなく、honor 9やnubiaのスマートフォンはまた違ったデザインになっています。

 

中国の認証機関であるTENAAによると、魅藍 E2(Meizu M2 E)のスペックは、Android 6.0 MarshmallowをベースとしたFlyme 5.2(Flyme powered by YunOS)、画面解像度は1920 x 1080のFHDの5.5インチディスプレイ、SoCにMediaTek製のHelio P20/P25(MT6757)のオクタコアプロセッサー(2.35GHz)、GPUにMali-T880 MP2、前面カメラが800万画素、背面カメラが1300万画素、2GB + 16GBと3GB + 32GBと4GB + 64GBの3モデル展開、外部SDカードに対応(128GB)、バッテリーの容量が3300mAhで、9V/2Aの最大18Wの急速充電に対応しています。

 

魅藍 E2は2016年の8月10日に発表された魅藍 E(Meizu M3E)の後継機となります。

国際展開されるかは現段階では不明です。

 

 

Source