Primate Labs、GOS問題を受けてS10、S20、S21、S22に属する製品をGeekbenchから除外

Primate Labs、GOS問題を受けてS10、S20、S21、S22に属する製品をGeekbenchから除外

Geekbenchを開発・提供しているPrimate Labsは、Samsungが特定の環境下で性能を抑制して省電力性を高める機能のGOS(Game Optimizing Service)の問題を調査し、同機能が適用された複数の製品をGeekbenchの“Android Benchmark chart”から除外すると発表しました。

 

GOS問題に対してPrimate Labsは「Samsungの製品が搭載しているGOSは動作ではなく識別子で性能を抑制し、Geekbenchなどは含まれていないので、ベンチマーク操作のひとつと判断した。」と明らかにし、GOSが適用された複数の製品を“公式の性能”として掲載する“Android Benchmark chart”から除外すると発表しました。

 

「ベンチマーク操作」はHUAWEIや独立前のHonorの製品で行われたBM Modeが記憶に新しいでしょう。この機能はベンチマーク計測時に性能を極端に向上させるもので、今回のGOSはベンチマーク計測時は本来の性能、特定の環境下で抑制された偽りの性能を発揮するため、BM ModeとGOSは根本的に同じと認識できます。

 

除外が発表された製品はSnapdragonとExynosの搭載は関係なしに、Galaxy S10に属するすべての製品、Galaxy S20に属するすべての製品、Galaxy S21に属するすべての製品、Galaxy S22に属するすべての製品で、Galaxy S10 LiteやGalaxy S20 FE、Galaxy S21 FEも例外なく含まれて計31製品に及びます。

 

Source(1) | (2)