Meizu m3のアップグレード版、Meizu m3sのフォトレビュー!高級感のあるメタルボディがGood!

2016年度のmシリーズ小型スマートフォンのMeizu m3のアップグレード版となるMeizu m3sを購入しましたのでフォトレビューを行いたいと思います。

Meizu m3sは”s”というのがiPhoneではアップグレード版という意味をするように、こちらもアップグレード版としての”s”をつけています。

Meizu m3はプラスチックボディでしたが、Meizu m3sはメタルボディになっております。

更に、前面がMeizu m3の場合は全てブラックで固定なのですが、Meizu m3sではカラーによってブラックかホワイトになるという、前面ホワイトの選択肢が増えます。

 

カメラの品質が上がったり、解像度が上がったりしておらず、バッテリー容量が2870mAhから3020mAh増量しているというのがアップグレードしているというのを表しております。

カラーバリエーションに、ローズゴールドが増えたというのも大きな変更点です。

今回レビューするのはホワイトです。

 

Meizu m3のフォトレビューを読んでいただけると、違いわわかりやすいです。

 

開封

IMG_2167

箱は[S]という表記が増えたものになっております。

箱の大きさは変更ありません。

 

IMG_2168

今回も未開封品です。

安心安全に購入することが出来ました。

 

IMG_2173

 

全網通公開版となるY685Qを購入。

購入する際はセラーに「販売しているものはY685Qですか?」と尋ねるとベスト。

 

IMG_2170

開けるとMeizu m3sとご対面。

ピッタリ入っているように見えますが、揺らすと小さくガタガタ鳴りますので、実はピッタリではないです。

 

内容物
内容物

内容物は、Meizu m3s本体、USBケーブル、ACアダプター、SIMピン、保証書となっております。

スタンダードです。

 

IMG_2174

小型スマートフォン初の前面ホワイトです。

白色が好きなので、前面ホワイトなのは非常に嬉しい。

 

IMG_2175

上部はイヤホン端子のみ。

 

IMG_2176

右部は電源ボタンとボリュームボタンです。

Meizuのスマートフォンは、右側に電源ボタンとボリュームボタンが集約されております。

 

IMG_2177

下部は、マイク端子、USB端子、スピーカーです。

イヤホンジャックが下にないので不便に感じる人はいるかも。

 

IMG_2179

左部はSIMカードスロットが有ります。

 

IMG_2182

SIMカードスロットはnanoSIM x2かnanoSIM + SDカードで選択できます。

Meizu m3と同じように、W-CDMA & W-CDMAには非対応ですが、W-CDMA & CDMA2000に対応しているかもしれません。

SIM2をメインとして使用すると、エンジニアリングモードにSIM1にCDMAの項目が出現しますので、”恐らく”通信できるかもしれません。

筆者はauのSIMがありませんので、検証ができておりません。自己責任でお願い致します。

 

IMG_2180

背面はメタルボディで高級感が有ります。

プラスチックボディに比べると、という意味ですが・・・。

 

IMG_2181

カメラの出っ張りはありません。

直接置いても傷がつかないように若干凹んでいます。

 

IMG_2191

Meizu m3sも2.5Dガラスですので、保護ガラスや保護シートを購入する際には注意して下さい。

 

IMG_2184

重量は139gです。

若干重いと感じます。

 

 

比較

Meizu m3と比較

IMG_2197

前面はカラーが異なっております。

ホワイトのほうが見やすく感じます。

 

IMG_2186

背面は、プラスチックボディとメタルボディです。

Meizu m3はカメラの部分が凹んでいません。

 

IMG_2187

下部は同じ作りとなっております。

 

Meizu m3、Meizu m3 note、Meizu Pro 6と比較

左からMeizu m3s/Meizu m3/Meizu m3 note/ Meizu Pro 6
左からMeizu m3s/Meizu m3/Meizu m3 note/ Meizu Pro 6

似ているようで全て大きさが違うので違いはハッキリとしています。

Meizu m3sのセンサーが円ではないので、若干の違いが有り、わかりやすいと思います。

 

IMG_2193

背面ではMeizu製品に詳しくないと違いには気付きにくいです。

 

IMG_2194

フラッシュリングになっているのがMeizu Pro 6、縦長のフラッシュライトなのがMeizu m3 note、フラッシュライトが円でプラスチックボディなのがMeizu m3、フラッシュライトが円でメタルボディなのがMeizu m3sとなっています。

この違いに気づくと一瞬で判別できるようになります。


Meizu m3と比べると、高級感が有りますが、メタルボディ故の重量感がネックとなっています。

そして、これからの季節は夏ですので、本体が高熱にならないか心配です。

 

ソフトウェアや使用感についてはまとめてレビューしたいと思います。