Galaxy Note20の後継製品は登場せず、Galaxy S22 Ultraがコンセプトを継承

Galaxy Note20の後継製品は登場せず、Galaxy S22 Ultraがコンセプトを継承

SamsungがSペンを付属した大画面モデルのGalaxy Noteシリーズの終了を予定していると今年に入ってから度々報道されてきましたが、2021年末に生産を完全に停止し後継製品は登場しないと報告されました。

 

韓国のETNewsによると、Samsungは昨年発表のGalaxy Note20/Note20 Ultraの2製品をGalaxy Noteを愛する人々の需要に応えて320万台を生産しMNOに供給したようです。しかし、来年からはGalaxy Noteを冠する製品は生産されず、上半期に販売されるGalaxy S22シリーズの最上位のGalaxy S22 UltraがGalaxy Noteのコンセプトを継承するようです。

 

SamsungはGalaxy Noteの廃止を伺わせるようにGalaxy S21 UltraやGalaxy Z Fold3 5GのSペン対応の動きを見せ、Galaxy S21 Ultraで製品の良さを統合できる可能性を見出し、最終的にGalaxy Noteを廃止しGalaxy Sシリーズの最上位モデルへの統合を決めたようです。

 

Galaxy Noteシリーズ廃止の背景として同媒体は、フォルダブル製品の生産量の拡大が考えられるとし、歩留まりを改善し工程効率の向上によってコストの削減を行い、下半期の旗艦製品として発表しても問題がないと判断したためとされています。補足情報として、Galaxy Noteシリーズは2019年は1270万台、2020年は970万台出荷し、2022年のGalaxy Zシリーズの出荷目標は1300万台でGalaxy Noteシリーズを上回っています。

 

Galaxy Zシリーズには縦折りのGalaxy Z Flip、横折りのGalaxy Z Foldの2製品ありますが、2021年に発表したGalaxy Z Flip3 5GとGalaxy Z Fold3 5Gは韓国市場では販売から39日で100万台を販売しており、人気があるのは確かなようです。

 

Galaxy Noteシリーズの生産を終了し、工程効率を上げてコストを削減するので2022年に発表されるであろうGalaxy Z Flip4 5GとGalaxy Z Fold4 5Gは今年の製品よりも入手しやすくなるかもしれません。

 

Source