11月30日の発表会は、魅藍X(Meizu M1 X / Meizu M3X)を発表?副総裁がWeChatにて発言

11月30日に発表会を行うことを告知し、ReaMEIZUではMシリーズスマートフォンの新製品発表会ではないかと予想しておりました。

副総裁である 李楠 氏がMEIZU製品の新製品の発表会であることをWeChatにて発言をしました。

その際に、「魅藍X」という新たなブランド名が登場しております。

 

 

今年のMeizuはMシリーズスマートフォンの中にEブランドのMeizu M3E、UブランドであるMeizu U10 / U20を発表しております。

今回新ブランドとしてXブランドのスマートフォンが発表される見込みです。

となると、Meizu M5 Noteを発表する可能性は低くなり、「M621」ではない型番が判明しているスマートフォンが発表されますので、「M686」または「M682」の可能性が浮上してきました。

 

「M686」という型番はMeizu PRO 7である可能性が高く、Mシリーズスマートフォンではないと思うので、発表されるスマートフォンの型番は「M682」かもしれません。

今のところ、GeekbenchやAntutuによってスペックが一切判明していないスマートフォンで、非常に謎の多いスマートフォンとなっております。

 

 

魅藍Eでは中国ではMeizu M1 Eとして発表されましたが、グローバル向けはMeizu M3Eという名称になっています。

同じ道をたどると魅藍Xは中国向けではMeizu M1 X、グローバル向けはMeizu M3Xとなる可能性があります。

 

 

魅藍XはHelio P20を搭載する可能性が高く、一度ReaMEIZUにてリーク情報をお伝えしたalps M92に近い性能になるのではないでしょうか。

 

スローガンは「Make Great Helio Again」とドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領選挙でのスローガン「Make Great America Again」というものをもじっています。

 

 

Helio P20はNFCに非対応である可能性が高く、2016年に発表された全てのスマートフォンがNFCに非対応である偉業を達成しようとしております。

いい加減目をさましてもらいたいものです。

 

Source

  • WeChat