Meizuが5Gデバイスのロードマップを公開、初採用製品は2020年Q2にリリース予定

Meizuが5Gデバイスのロードマップを公開、初採用製品は2020年Q2にリリース予定
スポンサーリンク

Meizuが次世代通信規格5Gを採用したデバイスのロードマップを公開し、5G初採用製品は最速で2020年Q2(4月-6月)にリリースすることを明らかにしました。

 

公開された5G製品計画マップによると、Meizuは2019年Q2に5Gプロジェクトを立ち上げ、同年Q3(7月-9月)に信号のテストを行い、5G採用機のプロトタイプモデルをQ4(10月-12月)に製造し、消費者が手にすることができる製品は最速で2020年Q2にリリースされる予定です。

 

情報筋によるとMeizuは今現在主流の4G対応SoC+Snapdragon X50 5G Modemを採用するのではなく、今年2月にQualcommによって発表されたSnapdragon X55 5G Modemを採用することで、SA(スタンドアロン)およびNSA(非スタンドアロン)ネットワークアーキテクチャに対応するようです。これによって2G/3G/4G/5Gに互換性があり、SAおよびNSAネットワーク展開を、3つ(28 GHz、​39 GHz、​72 GHz​)のミリ波(mmWave)を、5G NR 6GHz以下のTD/FDDネットワークをサポートすることが可能です。

 

QualcommはSnapdragon X55 5G Modemを搭載した最終製品は2019年後半にリリースされると発表しています。それから考えるとMeizuにおける5G対応製品は2020年Q2にリリースされるので少し遅れた製品展開になるでしょう。

 

Source(1) | (2)