MEIZUが京東集団傘下の京東通信と踏み込んだ協力に締結、京東之家での展示および販売が実現

MEIZUが京東集団傘下の京東通信と踏み込んだ協力に締結、京東之家での展示および販売が実現

MEIZUはECサイトの京東(JD.com)を運営している京東集団の傘下企業の京東通信(JD Mobile)と、新製品のオムニチャネルにおける踏み込んだ協力に署名を行いました。

 

京東通信は傘下に京東之家(JD Home Store)を持ち、この企業は京東のオフライン店舗を運営しています。今回の協力によって2021年3月3日に発表予定のMeizu 18およびMeizu 18 Proの展示・販売を行うことが約束されており、MEIZU専門店に行かなくてもMEIZUの新製品を購入することが可能になっています。

 

MEIZUはOPPOやXiaomiと比べて元気のない企業で、業績の悪化によってオフラインにおける専門店も減少し続けているため、MEIZUが新製品を発表しても実際に触れて体験することが難しい状態にありますが、今回の署名によってMEIZU専門店ではなく京東之家で実機を見て触れることが可能になります。それによって実際のMEIZUの品質を体験することが出来るため、よりMEIZUの魅力が顧客に直接通じるようになります。

 

まずは北京や深セン、成都などにある20店舗で3月3日の発表会後にMeizu 18とMeizu 18 Proに触れて購入(予約)する事ができる様になります。

 

 

Source | 参考(1) | (2)