Meizuが香港のカスタマーサービスセンターの移設を報告、ビジネス上のニーズと説明

Meizuが香港のカスタマーサービスセンターの移設を報告、ビジネス上のニーズと説明

Meizu News

Meizuが香港にて開設しているオフラインのカスタマーサービスセンターを11月18日より移設するとFacebookを通じて報告を行いました。

 

黒丸が旧、赤ピンが新

以前は旺角(旺角)の香港九竜旺角弥惇道610号荷李活商業中心19楼01-02室に位置していましたが、11月18日より香港九竜旺角西洋菜南街2A-2H号銀城広場12楼へ移設します。Google Mapsで検索してみると旧施設から新施設まで徒歩4分、旧施設は大通りの弥惇道(ネイザンロード/Nathan Road)に面していましたが、1つ奥へ行った形になっています。

 

新施設の営業時間は月曜日から土曜日の午前11時から午後8時まで、日曜日と祝日は休業します。オフライン店舗におめる製品販売サービスを停止し、オンラインストアや提携している販売店から製品を購入するように変更されます。

Meizuは移設の理由としてビジネス上のニーズとしており、これは昨今のMeizuの販売台数や出荷台数の低下に伴って経営が苦しくなっていることが考えられます。この他香港では政治的な問題で大規模なデモが繰り広げられており、最近では一部のデモ参加者が競合他社となりますがXiaomiの店舗を放火した事案も有り、それらを避ける目的で大通りから離れたところに店舗を構えるということも考えられます。ただMeizuの場合は前者の可能性が高いです。

 

 

Source