MEIZUがLiproブランドのLipro 智能藍牙控制器、Lipro 可控硅無極調光面板、Lipro LED 智能吸頂灯を発表

MEIZUがLiproブランドのLipro 智能藍牙控制器、Lipro 可控硅無極調光面板、Lipro LED 智能吸頂灯を発表

MEIZUは5月31日開催の発表会でLipro(らいぷろ)ブランド製品のMEIZU Lipro 智能藍牙控制器(英名不明)、MEIZU Lipro 可控硅無極調光面板(英名不明)、MEIZU Lipro LED 智能吸頂灯(Lipro LED Smart Ceiling Light)の3製品を発表しました。

 

MEIZU  Lipro 智能藍牙控制器とMEIZU Lipro 可控硅無極調光面板はオーディオ機器の音量を調節するダイヤル式のように、細かい範囲でのライトの調光(明るさの調節)が出来る機器です。前者と後者の違いはBluetoothに対応しているか否かです。後者は直接電源線に触れる設計のため、雷サージに対応しています。

 

価格はLipro 智能藍牙控制器の火線供電版(電源線を必要とするモデル)が89元(約1,500円)、電池供電版(バッテリー駆動のモデル/CR2032)が99元(約1,700円)、Lipro 可控硅無極調光面板が199元(約3,400円)に設定してあります。

 

MEIZU Lipro LED 智能吸頂灯は厚さ2cmの極薄シーリングライトで、MEIZU Watchを利用して点灯や消灯の遠隔操作、睡眠を感知して自動的に消灯も可能です。

 

また、HUAWEI HiLink(現: HarmonyOS Connect)に対応しているのでHarmonyOS搭載製品から同製品の操作が可能で、以前言っていた「こんにちわ、HarmonyOS」がこれを表現しています。そして、HUAWEI HiLinkだけでなく天猫(Tmall)製スマートスピーカーの天猫精霊(Tmall Genie)からの操作にも対応しています。

 

価格は直径300mmのモデルが499元(約8,500円)、400mmが799元(約14,000円)、500mmが999元(約17,000円)に設定されています。また、18Wと32W、40Wのモデルがあり、明るさは18Wが1200lm、32Wが2100lm、40Wが2600lmに設定されています。

 

今回発表したMEIZU Lipro 智能藍牙控制器、MEIZU Lipro 可控硅無極調光面板、MEIZU Lipro LED 智能吸頂灯は、2021年6月1日10:00(日本時間: 11:00)より魅族商城(Meizu Store)、京東(JD.com)と天猫(Tmall)にて開店しているLipro智能家居旗艦店で販売されます。