MeizuがMWC 2016参加を表明。Ubuntu製品を発表へ

Meizuがスペイン・バルセロナで2016年2月22日 ~ 25日まで行われる、MWC(Mobile World Congress) 2016に参加を表明したことをWeiboにて発表しました。

テーマは Love Ubuntuとなっており、発表日の2月14日のバレンタインの Love Youとかけたテーマになっていて遊び心が感じられます。

MeizuのUbuntu製品といえば、Meizu MX3やMeizu MX4が展示されました。実際に販売されたのはMeizu MX4のみでした。

 

今回発表するのは以前リークした2015年度ProシリーズのMeizu Pro 5のUbuntu版だと思います。

Meizu Pro 5は2モデル存在しており、RAM 3GB/ROM 32GBのモデルとRAM 4GB/ROM 64GBのモデルありますが、どちらも共用のファームウェアですので、おそらく展示されるのは2モデル双方にUbuntu OSを搭載したものになると考えております。

今までのUbuntu OSを搭載したスマートフォンはミドルローなので、今回Meizu Pro 5のUbuntu版が正式に発表されればUbuntu OSの中でダントツにスペックが高いものになります。

販売されるとなれば、以前のMeizu MX4 Ubuntu Editionと同じように先に中国国内の開発者向けに販売し、その後に海外の開発者向けに販売し、最後に一般のユーザーが購入できるようになると思います。

販売価格は不明ですが、以前の流れを取るとUbuntu OS版はFlyme OS版と比べて日本円にして10,000円程度高価になるので、今回のMeizu Pro 5はRAM 3GB/ROM 32GBモデルが3299元、RAM 4GB/ROM 64GBモデルが3599元となり、だいたい57,000円 ~ 62,000円になると思います。グローバル展開する際のユーロでは、€399と€459になると思います。あくまでもReaMEIZUの予想ですのでご了承ください。

 

そして、ファームウェアは以前と同じようにFlyme OS、Ubuntu OSの互換性はあると思うので、Ubuntu OSがリークされればFlyme OS版のMeizu Pro 5でも恐らくファームウェアを焼くことが出来るかもしれません。

 

参考 : JTB MWC(Mobile World Congress) 2016 ビジネスサポートデスク

Source : weibo – 魅族科技

 

pro5_1