フランス市場にMeizu 16thを投入。6GB+64GBモデルが459EUR(約59,000円)から

西ヨーロッパに位置するフランスにQualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16thを投入することがわかりました。

 

MEIZUは過去にMeizu PRO 7 PlusMeizu M5cをフランス市場に投入していましたが、2018年になってからは動きが全くなかったため、撤退したと考えていました。今回、Meizu 16thを投入することが明らかになりましたので、再参入という言葉がしっくりきます。

今回投入するMeizu 16thはWire Distributionによって独占的な販売代理店を開店し、そこで販売を行います。投入するモデルは6GB+64GBモデルと8GB+128GBモデルの2モデル展開で、価格はそれぞれ459ユーロ(約59,000円)と509ユーロ(約66,000円)に設定されています。12月6日より事前予約を開始し、12月6日より販売開始予定となっています。事前予約を行うとMeizu EP2Xイヤホンを付属するキャンペーンを行っており、EP2Xは中国では129元(約2,100円)で販売が行われているため、かなりお得なキャンペーンです。

 

中国国外市場向けMeizu 16thの主なスペックは、型番はM882H、Android 8.1.0 OreoをベースとしたFlyme 7を搭載し、6.0インチのFHD+(2160×1080)のSuper AMOLEDディスプレイ、SoCはQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform、GPUはQualcomm Adreno 630、容量は6GB+64GB/8GB+128GBの2モデル展開、外部ストレージに非対応、リアカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3010mAhとなっています。

 

Source(1) | Source(2)