Meizu 16s Pro National Treasure Sword of Goujian Editionを発表、越王勾践剣のキーホルダーなどが付属

Meizu 16s Pro National Treasure Sword of Goujian Editionを発表、越王勾践剣のキーホルダーなどが付属
スポンサーリンク

MeizuはMeizu 16s Pro National Treasure Sword of Goujian Edition(魅族 16s Pro 国家宝蔵之越王勾践剣 定制礼盒)を発表しました。

 

Meizu 16s Proに中国春秋時代後期の越の王「勾践(Gou Jian)」が8本保有していた名剣の越王勾践剣(えつおうこうせんけん)のひとつの天下第一剣が付属しているだけで、スペックに変更はありません。付属するものは天下第一剣のキーホルダー、天下第一剣が描かれたモバイルバッテリー、天下第一剣が描かれたノートです。箱も天下第一剣が描かれた特別なデザインになっており、特別なものになっています。

 

Meizu 16s ProのスペックはAndroid 9 PieをベースとしたFlyme OS(Flyme 7.3)、6.2インチSuper AMOLEDディスプレイ(2232×1080/FHD+)、Qualcomm Snapdragon 855 Plus、リアカメラは4800万画素(Sony IMX586/f値1.7)+2000万画素(IMX350/f値2.6)+1600万画素(IMX481/f値2.2)のトリプルカメラ(OIS)、フロントカメラは2000万画素(Samsung 3T2/f値2.2)のシングルカメラ、容量は6GB+128GB/8GB+128GB/8GB+256GBの3モデル、バッテリー容量は3600mAhです。

 

価格は通常版と変更はなく6GB+128GBモデルが2699元(約41,000円)、8GB+128GBモデルが2999元(約46,000円)、8GB+256GBモデルが3299元(約50,500円)に設定されています。販売は京東(JD.COM)のMeizu公式ショップ、魅族京東自営旗艦店のみで行われる予定で、現在は予約受付を開始しています。京東に登場したのは10月19日からで、3日経った現在は5,100人が予約をしています。

 

 

Source