イエメン市場向けにMeizu 16、Meizu X8を発表

イエメン市場向けにMeizu 16、Meizu X8を発表

Meizu 16 X

中東に位置するイエメン共和国向けにQualcomm Snapdragon 710を搭載したMeizu 16Meizu X8を発表しました。注意点としてSnapdragon 845を搭載したモデルはMeizu 16thで、イエメン市場向けにはMeizu 16thの廉価モデルとなるMeizu 16を投入します。

 

イエメン市場向けにはMeizu 16は6GB+128GBモデル、Meizu X8は6GB+128GBモデルを投入します。どちらも最大容量のモデルを投入することになります。

価格はMeizu 16が190,000イエメン・リアル(約82,500円)、Meizu X8が160,000イエメン・リアル(約69,500円)となっており、他の市場から考えると割高な値段設定になっています。

 

Meizu 16の主なスペックは、型番はM872H、Android 8.1.0 OreoをベースとしたFlyme 7を搭載し、6.0インチのFHD+(2160×1080)のSuper AMOLEDディスプレイ、SoCはQualcomm Snapdragon 710 Mobile Platform、GPUはQualcomm Adreno 616、容量は6GB+64GB/6GB+128GBの2モデル展開、外部ストレージに非対応、リアカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3100mAhとなっています。

 

 

Source