魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の広告にスマートフォンを200台以上使用したらいくつか盗まれる事件が発生

魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の広告にスマートフォンを200台以上使用したらいくつか盗まれる事件が発生

Meizu M6s

SAMSUNG Exynos 5 Series(7872)を搭載した魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の広告に200台以上のスマートフォンを使用したところ、何台か盗まれたそうです。

 

上画像の左側に魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)を200台以上使ってアニメーションを表現しています。

むき出しで置いてあるのではなく、一応透明な壁(ガラス?プラスチック?)を設置しているのですが、それを割って何台か盗まれているということのようです。

 

流石にこの事件に魅藍事業部総裁の 李楠(Li Nan) 氏はショックを隠しきれず涙を流している絵文字を使用しています。

18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを搭載し、フルディスプレイをアピールするのには効果的な広告だったかもしれませんが、まだ発展途上の中国で「タダでスマートフォンが手に入る」状況を作り出してしまったのは不覚だと思います。

 

魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)のスペックは、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6.2、5.7インチHD+(1440 x 720)ディスプレイ、SoCはSAMSUNG Exynos 7872、GPUはARM Mali-G71 MP1、リアカメラが1600万画素、フロントカメラが800万画素、RAM 3GB(LPDDR3) + 内蔵ストレージ 32GB / 64GBの2モデル展開、バッテリーの容量が3000mAhです。

発表会の様子はこちらをご覧ください。

 

Source