Meizu M6 Noteはウォーターマークを採用

独立後初の魅藍(MEILAN)ブランドスマートフォンとなるMeizu M6 Noteで撮影した画像にはウォーターマークが搭載されることが判明しました。

ある程度の地位を持ったメーカーではデュアルカメラを搭載しているとウォーターマークを採用しないといけないルールでもあるのでしょうか。

 

Meizu M6 Noteで撮影した画像を公開したのは魅藍事業部総裁の李楠 氏です。

画像の左下にSHOTO ON Note6、魅藍 青年良品と書かれているのが確認できます。

 

これによってMeizu M6 Noteにはデュアルカメラが搭載されることが確定となり、先日リークした縦にカメラを配置している実機写真が本物という可能性がぐっと高まります。

縦に配置したカメラの上には樹脂ライン上にLEDフラッシュが横並びに4つ配置されている斬新なデザインとなっており、カメラの横ではなく上に配置する意味について発表会で大きく取り上げられると思います。

 

Meizu M6 Noteの発表会は8月23日の15:00(CST)に北京園芸中心にて行われます。

今現在わかっているスペックはMediaTek Helio P25(MT6757CD)が確定、発表会のテーマである「STAY TRUE」をそのまま信じると5.5インチFHD、大容量バッテリーを搭載するでしょう。

 

Source