Meizu M5cは複数のカラーラインナップを保有

2017年5月20日に“C”に関連したものを発表すると告知をしましたが、当日発表されたのはMeizu M5cの情報でした。

 

複数のカラーラインナップを保有しているようです。

情報を小出しにする作戦のようで、今度は同月23日に新たな情報を発表するようです。

 

Meizu M5cはM710という型番で、ユーラシア経済委員会にて名称が判明、Geekbenchにて搭載しているプロセッサーが判明しています。

Android 6.0のFlyme 6、MediaTek MT6737、RAM 2GBを搭載していることが確定しています。

その他の情報は謎に包まれておりますが、Geekbenchのスコアから考えるとMT6750を搭載したMeizu M5、MT6753を搭載したMeizu M5sよりも劣ったスコアですので、これらの廉価版の可能性があります。

 

今回の情報を受けて消費者は「そんなことよりもFlyme 6のグローバル版の安定版を早く出して欲しい」、「Android NのFlyme 6はまだなのか」という「製品を発表する前にすることはあるだろ」という声が大きいです。

2015年に発表されたMeizu PRO 5は2年のアップデートがありながら未だにAndroid 5.1 Lollipopを搭載しているという世代遅れも甚だしい状態ですので、早急にどうにかしてもらいたいものです。

 

Source