Meizu M5cはFlyme 6を搭載予定

Meizu M5cの新たな情報が@FlymeGlobalによって公開されてました。

因みに昨日の情報は複数のカラーラインナップを用意しているというものです。

 

ツイートには“Always feel anxious about your phone lagging?”とか書かれ、「あなたはいつも所有するスマートフォンのラグに不安を覚えていますか?」という訳になります。

画像には“Cure anxiety”という「不安を解消」と書かれ、背景には薄く“6”の表記がありますので、プロセッサーによってラグを解消するのではなく、MeizuのカスタムUI「Flyme 6」によってラグを解消するのでしょう。

 

 

Flyme 6はグローバル版には一部の機種にベータ版が配信されていますが、中国版では既にリリースされている安定版がなく、更にはベータ版すら配信されていない機種があります。

そういうこともあって、「かそんなことよりもFlyme 6のグローバル版の安定版を早く出して欲しい」、「Android NのFlyme 6はまだなのか」という「製品を発表する前にすることはあるのではないか」という声があります。

 

Meizu M5cはM710という型番で、ユーラシア経済委員会にて名称が判明、Geekbenchにて搭載しているプロセッサーが判明しています。

Android 6.0のFlyme 6、MediaTek MT6737、RAM 2GBを搭載していることが確定しています。

その他の情報は謎に包まれておりますが、Geekbenchのスコアから考えるとMT6750を搭載したMeizu M5、MT6753を搭載したMeizu M5sよりも劣ったスコアですので、これらの廉価版の可能性があります。

 

Source