Meizu m3 miniを発表!RAM 2GBが599元、RAM 3GBが799元!

4月25日に発表会を行い、2016年度のmシリーズスマートフォンMeizu m3 miniを発表しました。正式名称は「Meizu m3」です。

SNH48がOPをつとめました。

搭載OSはAlibabaと共同開発したFlyme Powered by YunOSです。

 

screenshot_251

ガラスは2.5D技術を採用し、持ち易さを考慮した作りになっております。

1280 x 720の5.0インチディスプレイを搭載します。

解像度やディスプレイサイズは以前のMeizu m2 mimiとは変更はないです。

 

m3_soc

SoCはMT6750を搭載。小型端末初のオクタコアを搭載します。

Antutuベンチマークは39,269となっております。

 

screenshot_260

GPUはMali-T860を搭載。

Meizu m3 noteと変わらないというのは小型スマートフォンがほしい方にとって非常にうれしいですね。

クラッシュロワイヤルを57FPSで動作できるようです。

 

m3_emmc

内蔵ストレージの規格はeMMC 5.0を採用。

Meizu m2 miniはeMMC 4.5でしたのでスペックアップしております。

 

m3_ram

RAMは2GBと3GBを搭載。

RAM 2GB / 内蔵ストレージ16GBと、RAM 3GB / 内蔵ストレージ32GBの2モデル展開をします。

Meizu m3 noteと同じ展開ですね。

 

m3_sd

外部SDカードは128GBまで対応。

大容量ファイルを持ち歩くことが出来ます。

 

screenshot_265

カメラは背面カメラが1300万画素、前面カメラが500万画素。

セルフィーに特化しているようで、女性にアピールしております。

 

m3_network

中国移動・中国聯通・中国電信の3キャリア全てに対応しております。

CDMA2000の通信が可能です。VoLTEにも対応。

 

screenshot_262

搭載OSはAlibabaと共同開発したFlyme powered by YunOSを採用。

セキュリティに力を入れているので、公式でのRoot権限の開放には非対応です。

 

screenshot_256

重量は132gと前作のMeizu m2 miniよりも1g重くなっております。

ただ、2.5D技術により持ちやすさが上がっておりますので、1gは誤差の範囲になると思います。

 

screenshot_264

バッテリーは2870mAhと大容量のバッテリーを搭載。

5時間使用しても53%残す省電力設計となっている様です。

 

screenshot_268

気になるお値段は、RAM 2GB / 内蔵ストレージ16GBが599元(日本円にして10,000円)、RAM 3GB / 内蔵ストレージ32GBが799元(日本円にして13,000円)となっております。

 

screenshot_269

本日中国時間16:00より、各種オンラインショップで予約開始です。

 

screenshot_270

4月29日より、販売開始です。

 

参考