魅藍E(Meizu M3E / Meizu M1 E)を発表。RAM 3GB / 内蔵ストレージ 32GBモデルが1299元(約20,000円)

8月10日に行われたMシリーズの新製品発表会にて魅藍E(Meizu M3 E / Meizu M1 E)を発表しました。

SoCにHelio P10(MT6755M)を採用しているので、Meizu m3 noteのFlyme powered by YunOS版という位置づけになります。

発表会を仕切ったのは珍しく、李楠 氏でした。

 

魅藍E(Meizu M3 E / Meizu M1 E)という2つの呼び方がある理由は、魅藍E今までの表記法則からMeizu M1 Eという読み方になりますが、公式によるグローバル表記がMeizu M3 EとなっているためReaMEIZUでは重ねて表記しております。

魅藍EがMeizu M1 Eという読み方ができるので、次期魅藍Eスマートフォンが発表されるまでの間はずっと2つの表記を同時に利用したいと思います。

 

魅藍E(Meizu M3 E / Meizu M1 E)のスペックは以下のようになっております。

概要
名称 Meizu M3 E / Meizu M1 E
型番 A680
コードネーム
発売日 2016/08/14
本体価格 1299元 / 1499元
本体情報
Android OS Android 6.0 Marshmallow
Flyme OS Flyme Powered by YunOS
SoC MediaTek Helio P10(MT6755M)
動作周波数/コア数 ARM® Cortex®-A53™1.8GHz x4
+
ARM® Cortex®-A53™ 1.0GHz x4
GPU Mali-T860
RAM 3GB LPDDR3
内蔵ストレージ 32GB / 64GB
カメラ リア 1300万画素 (IMX258)
フロント 500万画素
MicroSDスロット 有り(128GB)
SIMスロット DualSIM / nanoSIM x2
バッテリー容量 3100mAh
バッテリー取り外し
ディスプレイ
インチ 5.5インチ
解像度 1920 x 1080(フルHD)
種類 IPS
サイズ
縦 x 横 x 厚さ 153.6 x 75.8 x 7.9 mm
重量 172g
通信方式
4G
3G
2G
その他
カラーラインナップ
カラー グレー/ホワイト/ゴールド/ローズゴールド/アイシーブルー

 

発表会の様子

 

screenshot_486

OSはAlibabaのYunOSのシステムをFlymeに組み込んだFlyme Powered by YunOSとなっています。

Root権限を公式の方法で取得できなくなります。

 

screenshot_462

5.5インチの大画面(現在では主流となっておりますが)を採用。

より多くの情報を得られるために大画面にしているそうです。

 

screenshot_482

SoCはMeizu m3 noteや中国電信版のMeizu m1 metalと同じ、Helio P10(MT6755M)を採用。

高処理ではなく、安定的な処理を専門としております。

 

screenshot_484screenshot_483

RAM 3GB / 内蔵ストレージ 32GBとなっています。

RAM 2GBのバージョンは存在しません。

 

screenshot_463

mBackは継続して採用。

前面にホームボタンを配置しているベタなデザインに。

 

screenshot_465screenshot_466

指紋認証機能を搭載。

0.2秒で認識をするそうで、OPPO R9と同じスピードです。

 

screenshot_467

指紋認証機能を使用し、AliPayやWeChatで支払が行えるようになります。

中国ではメジャーな決済サービスですので、対応しているというのは購買意欲が注がれるでしょう。

 

screenshot_469

カメラの出っ張りはありません。

意外と多くのユーザーが気にしているようでした。

 

screenshot_471screenshot_470

リアカメラには1300万画素のSONY製イメージセンサーのIMX258を採用。

発表会でどのセンサーを使っているか発表するのは非常に珍しいです。

 

screenshot_475screenshot_478

双卡双待という表記で、4G + 2GのDSDSとなります。

4G + 3GのDSDS対応機種はSoCにHelio X20(MT6797)を搭載しているMeizu MX6のみとなっております。

 

screenshot_485

バッテリー容量は3100mAhとなっています。

Mシリーズスマートフォンとしては初めての、Meizuの充電規格”mCharge”に対応しております。

60分で90%まで充電することが出来ます。

 

screenshot_490

アリババグループと海汽車集団が共同開発したコネクテッドカー「栄威 RX5」をリモコン操作さうることが可能で、IOTに力を入れていることがわかります。

栄威RX5 のドアロックを施錠・解錠したり、車内エアコンを調節することや、走行距離などの車情報も閲覧できます。

 

screenshot_493

価格はRAM 3GB / 内蔵ストレージ 32GBモデルが1299元(約20,000円)とMシリーズスマートフォンとしては少々高いかなという値段になっております。

ただ、今回は新機能を多々盛り込んでいるので納得はできます。

 

screenshot_494

本日の16:00(中国時間)から各種サービスにて予約開始です。

 

screenshot_495

8月14日に正式に販売開始されます。

 

Source

個別ページ