Meizu 18シリーズの修理価格が公開、マザーボードが1番高価

Meizu 18シリーズの修理価格が公開、マザーボードが1番高価

2021年3月に発表されたMeizu 18Meizu 18 Proの修理価格が公開されていました。なお、この修理価格はMEIZU公式店舗(もしくは正規代理店)でサービスを受けた際に発生する費用です。

 

部品名 18 18 Pro
データケーブル 29元 -
モーター 20元 20元
ディスプレイ(指紋認証含) 1620元 1880元
バッテリーカバー 260元 280元
アタッチメント 50元 50元
フロントカメラ 160元 215元
広角カメラ 160元 215元
ToFカメラ - 290元
メインカメラ 550元 820元
ボタン 20元 20元
バッテリー 130元 140元
レシーバー 45元 45元
スピーカー 40元 40元
マザーボード(8+128GB) 2350元 2410元
マザーボード(8+256GB) 2490元 2560元
マザーボード(12+256GB) 2640元 2700元

Meizu 18とMeizu 18 Proそれぞれの最高価格の部品はマザーボード(RAM 12GB+内蔵ストレージ 256GB)で、それぞれ2640元(約45,000円)と2700元(約46,000円)となっています。

 

メインカメラはMeizu 18が6400万画素のSony IMX682、Meizu 18 Proが5000万画素のSamsung ISOCELL GN1ですが、後者のほうが高く(820元)なっています。この他、ディスプレイはサイズが6.2インチと6.7インチなので後者のMeizu 18 Proが高く(1880元)、バッテリーも容量が多いMeizu 18 Proが高く(140元)なっています。

 

ちなみにMeizu 17の最大容量の8+256GBのマザーボードは2850元(約48,500円)、Meizu 17 Proの12+256GBは3020元(約51,500円)なので、Meizu 18とMeizu 18 Proはいくつか安くなっています。

 

Source