Meizu 18と18 Proの2K+120Hzは従来のFHD+120Hzよりもバッテリー持ちが良いと明らかに

Meizu 18と18 Proの2K+120Hzは従来のFHD+120Hzよりもバッテリー持ちが良いと明らかに

Meizu 18/18 Pro

MEIZUは4月2日にMeizu 18Meizu 18 Proに対して2K解像度と120Hz駆動の両立を達成したアップデートを配信し、従来のFHD+120Hzよりもバッテリーの持ちが悪くなるのではないかと懸念されていましたが、その懸念は稀有に終わりました。

 

著名微博ユーザーの@小白測評氏は多種多様な機種のバッテリー持ちを計測している信頼と影響力のある人物です。その方の3時間テストと5時間テストにおいて従来のFHD+120Hzよりも2K+120Hzの方がバッテリーの持ちが向上した事が明らかになりました。

 

3時間テストは30分の王者栄耀、30分のビデオ録画、30分のbilibili視聴、30分の淘宝利用、30分の微博利用、30分のTikTok利用で計測が行われ、残りのバッテリー容量が多いほど優れた製品となっています。

 

このテストではMeizu 18は残りのバッテリー容量が57%から55%へ悪化、Meizu 18 Proは55%から60%へ改善しています。Meizu 18は悪化の結果が出ましたが、わずか2%に収まっているので気にするほどではないように感じます。

 

5時間テストでは3時間テストに加えて1時間の王者栄耀、1時間のGame for Peaceで計測が行われ、Meizu 18は0%から1%へ、Meizu 18 Proは7%から13%へ改善しています。

 

解像度とリフレッシュレートが高くなっているので通常はバッテリーの持ちが悪くなるはずですが、小白測評氏のテストでは良くなっている状況が見受けられます。

 

今回はテストされていませんが新しいFHD+120Hzと従来のFHD+120Hzは新しいほうが優れている可能性が高く、4月2日に配信されたアップデートはMeizu 18とMeizu 18 Proユーザーにとって非常に大事なものとなっています。4月22日現在はOTAのみで配信されていますので、すぐにSettings->Systemをチェックしましょう。

 

Source