未発表型番「M851Q/M」が3Cの認証を通過。リークが続いているMEIZU 15 PLUSの可能性は低い

未発表型番「M851Q/M」が3Cの認証を通過。リークが続いているMEIZU 15 PLUSの可能性は低い

Meizu News

未発表型番「M851Q」と「M851M」が3C(中国強制認証)及びCQC(中国質量認証中心)の認証を通過しました。

認証通過日はどちらも2018年1月30日、証明書番号は2018011606040578と2018011606040575です。

型番末尾の“Q”は全網通公開版、“M”は中国移動定制版であることを表しています。

 

「M851」は一部ではMEIZU創立15周年を祝った「MEIZU 15 PLUS」ではないかと言われていましたが、ReaMEIZUの予想通りMシリーズのスマートフォンになる見込みです。

理由としてはこの認証機関ではACアダプターを確認することが出来、そのACアダプターが10V/2Aの最大20Wに対応し、2017年に発表されたMeizu PRO 7は12V/2Aの最大24Wに対応しているので、流石にスペックダウンさせたスマートフォンを15周年を祝ったモデルとしてリリースされる可能性は考えにくいためです。

更に、1月17日に発表された18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを搭載している魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)は9V/2Aの最大18Wに対応しているので“それに親しいスマートフォン = Mシリーズスマートフォン”ということになります。

 

「M851Q」と「M851M」はSRRC(中国無線電管理)の認証も通過しており、通信規格はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TC-SCDMA/CDMA2000/GSMで、全てのネットワークに対応しています。

型番規則から考えるとMeizu M2 Eの後継機になる可能性があります。

 

Source