未発表端末の型番、M570Cが中国質量認証センターの認証を取得。過去の法則から考えるとMXシリーズだけれども・・・?

未発表端末の型番、M570Cが中国質量認証センターの認証を取得しました。

Mxx0というのは過去の法則ではMXシリーズの型番でした。(Meizu MXがM030、Meizu MX2がM040、Meizu MX3がM350、Meizu MX4がM460)

しかし、2015年度のMXシリーズスマートフォンのMeizu MX5の型番はM575で、Mxx5という型番の法則を作ろうとしております。

今回認証を取得したM570CのM57というのは2015年度のスマートフォンに使用されました。

そして、型番末尾のアルファベット、Cというのは中国電信向けのスマートフォンに使用されてきたアルファベットです。

 

全てを含めると、2015年度のMeizu MX5とは異なったMXシリーズスマートフォン・・・?

最近の情報ではMeizu MX5の廉価版「Meizu MX5e」というのがありますが、これの中国電信版向けでしょうか。

今のところ、Meizu MX5eは中国移動・中国聯通に対応したものしか販売しておりません。

 

現状は不明なところが多いスマートフォンです。

アルファベットのないM570の認証が取得されればMeizu MX5eの型番であることがほぼ確定されます。

 

続報に期待です。

 

Source

  • 中国质量认证中心