iOS 15対応デバイスリスト、2015年発表iPhone 6sとiPhone 6s Plusも対応

iOS 15対応デバイスリスト、2015年発表iPhone 6sとiPhone 6s Plusも対応

Other

Appleは現地時間2021年6月7日(日本時間6月8日)にWWDC 2021を開催し、スマートフォン向け新iOS「iOS 15」を発表しました。

 

iOS 15はFaceTimeやメッセージの機能強化、集中モード、新しい「通知要約」機能、WebブラウザSafariの改良、画像解析機能、地図アプリの3D表示などが特徴で、一般公開は秋を予定しています(一部はA12 Bionic以降搭載製品が対応)。今回、対応しているデバイスを発表年、RAM容量、搭載SoC、初期搭載iOSと共に簡単に記します。

 

 

名称 発表年 RAM SoC 初期搭載iOS
iPhone 12 Pro Max 2020 6GB A14 Bionic iOS 14.1
iPhone 12 Pro 2020 6GB A14 Bionic iOS 14.1
iPhone 12 2020 4GB A14 Bionic iOS 14.1
iPhone 12 mini 2020 4GB A14 Bionic iOS 14.1
iPhone 11 Pro Max 2019 4GB A13 Bionic iOS 13
iPhone 11 Pro 2019 4GB A13 Bionic iOS 13
iPhone 11 2019 4GB A13 Bionic iOS 13
iPhone XS Max 2018 4GB A12 Bionic iOS 12
iPhone XS 2018 4GB A12 Bionic iOS 12
iPhone XR 2018 3GB A12 Bionic iOS 12
iPhone X 2017 3GB A11 Bionic iOS 11.1
iPhone 8 Plus 2017 3GB A11 Bionic iOS 11
iPhone 8 2017 2GB A11 Bionic iOS 11
iPhone 7 Plus 2016 3GB A10 Fusion iOS 10
iPhone 7 2016 2GB A10 Fusion iOS 10
iPhone 6s Plus 2015 2GB A9 iOS 9
iPhone 6s 2015 2GB A9 iOS 9
iPhone SE(第2世代) 2020 3GB A13 Bionic iOS 13.5.1
iPhone SE(第1世代) 2016 2GB A9 iOS 9.3
iPod touch(第7世代) 2019 2GB A10 Fusion iOS 12.3

 

表を見るとRAMは2GB以上、A9以上が要件となっていそうです。iOS 13からですが対象外のiPhone 6とiPhone 6 PlusはRAM 1GB、A8を搭載しています。もし今後のiOSでRAM 3GB以上が要件になった場合、iPhone 8とiPhone 8 Plusの場合は前者が非対応で後者が対応になり、4GB以上の場合は2020年発表のiPhone SE(第2世代)が非対応となるため、近い未来は要件RAM 2GB以上で続けていくと考えています。

 

Source(1) | (2) | (3)