背面に小型ディスプレイを搭載したMeizu PRO 7の実機が流出。カラー展開に黒を用意

背面に小型ディスプレイを搭載している所が魅力となっているMeizu PRO 7の実機が微博にて流出しました。

今回流出したのは5.2インチ、MediaTek Helio X30を搭載したMeizu PRO 7の可能性が濃厚です。

 

今回の流出画像は背面のみとなっていて、Meizu PRO 7の代名詞ともなっている小型ディスプレイが確認できます。

その上にはデュアルカメラは出っ張って配置され、その左には2個のフラッシュがあり、本体右下にMEIZUロゴが描かれています。

本体カラーはブラックで、触り心地はOnePlus 5の様な質感になるのでしょうか。

 

撮影場所が車の中ということで、既に一部のユーザーに出回っていることがわかるので直にGeekbenchやAntutuベンチマークでも捕捉されるでしょう。

因みにMeizu PRO 7 Plusと思われる本体のAbout phoneを撮影した画像はシリアルナンバーが“80”から始まっていますので、Meizu PRO 6を改変した画像ということで完全な偽物となります。

騙すのであればもう少し上手く作らないと流石にMeizuに興味のない人でも簡単に見抜かれていまいます。

 

Meizu PRO 7には上位版としてMeizu PRO 7 Plusが存在していることが型番からわかっており、PRO 7は5.2インチFHD、MediaTek Helio X30(MT6799)というスペックで、PRO 7 Plusは5.7インチWQHD、SAMSUNG Exynos 9 Series (8895)を搭載することが有力視されています。

発表日は7月26日、発売日は8月6日という噂が立っています。

 

Source