未発表スマートフォン「Meizu PRO 6 Plus」がGeekbenchにて出現。2016年を締めくくるスマートフォンか?

未発表スマートフォン「Meizu PRO 6 Plus」がGeekbenchにて存在が明らかになりました。

2016年を締めくくるスマートフォンの可能性があります。

 

 

Meizu PRO 6 PlusはSoCが”ARMv8″となっているため、MediaTek製SoCを搭載しているないことが確認できます。

今のところ、Exynos8890を搭載するのではないかと言われている型番はM686と言うものが有ります。

この型番はMeizu PRO 7ではないかと予想しておりますが、今回の出現によってMeizu PRO 6 Plusである可能性が高くなりました。

 

SAMSUNG Galaxy S7 Edgeも”ARMv8″というプロセッサーでGeekbenchで拝見することができ、こちらのプロセッサーはExynos8890となっております。

となると、Meizu PRO 6 PlusはExynos8890を搭載しているスマートフォンの可能性があります。

 

GeekBenchにて判明したMeizu PRO 6 Plusのスペックは

  • Flyme 5.2
  • Android 6.0.1 Marshmallow
  • Exynos 8890(ARMv8)
  • RAM 4GB

 

Antutuによって一部のスペックが判明しており、このようになっております。

AntutuによるとMeizu PRO 7(仮称)のスペックは

  • meizu_m96 (コードネーム)
  • Flyme 5.2 (Android 6.0.1 Marshmallow)
  • 2560 x 1440 (WQHD)
  • SAMSUNG Exynos 8890
  • Mali-T880 MP12 (650MHz)
  • リア 1200万画素
  • フロント 500万画素
  • RAM 4GB
  • 内蔵ストレージ 32GB

 

全く同じですので、meizu_m96として開発しているスマートフォンはMeizu PRO 6 Plusだと思います。

Meizu PRO 6、Meizu PRO 6s、Meizu PRO 6 Plusという3モデル存在することになります。

非常にややこしいネーム展開で、Meizuの内部でも混乱が起きるのではないでしょうか。

 

 

Source