Lanchenが魅藍Noteと魅藍数字シリーズの復活を発表

Lanchenが魅藍Noteと魅藍数字シリーズの復活を発表

Meizu(魅族科技)の関連会社のLanchen(藍辰科技)は、Meizuが過去に展開していたサブブランドの魅藍(Meilan)を魅藍(mblu)として復活すると明らかにしましたが、更に魅藍Noteと魅藍数字シリーズの復活を明らかにしました。

 

魅藍NoteはMeizu m1 noteMeizu M6 Note、魅藍数字はMeizu m1Meizu M6があり、サブブランドの魅藍としての隆盛と衰退を見てきたシリーズです。魅藍Noteシリーズは“Note”を冠していますが、Samsungの製品とは異なって大画面を意味していました。

 

現在、魅藍10(mblu 10)の存在が確認できているので、魅藍Note 10(mblu Note 10)も同時に開発していると考えています。魅藍Noteの最後はMeizu M6 Note、魅藍数字の最後はMeizu 6Tですが、魅族(Meizu) NoteブランドでMeizu Note8Meizu Note9が発表されており、不要な混乱を避けるために新製品は“10”を採用するのでしょう。

 

この他、Lanchenは5000万台の出荷を目標にしていますが、2020年のXiaomiの出荷台数が1億4780万台(IDC集計)なので、この台数は1年ではなく中長期的な目標と考えています。また、魅藍が取り扱う価格が1500元以下だと示唆しており、魅藍Noteと魅藍数字は低価格の製品になるでしょう。

 

 

Source | 参考