そのGalaxy S21/S21+/S21 Ultraは本当に香港版ですか、簡単な見分け方を2つ紹介

そのGalaxy S21/S21+/S21 Ultraは本当に香港版ですか、簡単な見分け方を2つ紹介

2021年4月22日

日本市場で販売されているGalaxy S21、Galaxy S21+、Galaxy S21 Ultraと比べてDual-SIMやカメラのシャッター音、キャリアアプリの有無などいくつか優位点がある香港版ですが、メルカリやラクマを見ていると台湾版なのに香港版と偽って販売されている事例をいくつか見かけましたので、台湾版と香港版の見分け方を紹介します。(筆者の台湾版Galaxy S21のレビューはこちら)

 

香港版と台湾版の違いは様々あるようですが、わかりやすい違いとして対応しているバンドが異なっている可能性があります(Expansysで販売されている香港版は5G NR:n1/n5/n41/n78/n79の対応表記があるが、台湾版はn1/n28/n41/n78/n79に対応)。

 

1つ目の見分け方は製品箱です。下部に記載されているURLが“www.samsung.com/tw”となっていれば間違いなく台湾版です。

 

メルカリやラクマでは親切にここを撮影し“tw”の記載があるのにも関わらず香港版として販売している場合がありますので、この部分は必ずチェックしましょう。そして、この部分が撮影されていない場合は購入をやめたほうが無難です。

 

2つ目の見分け方は購入後になりますが、設定->ソフトウェア更新->最終更新の下部のURLを見ます。私が所有しているのはGalaxy S21なのでSM-G9910ですが、Galaxy S21+の場合はSM-G9960、Galaxy S21 Ultraの場合はSM-G9980に変換し、その後ろの3文字のアルファベットに注目します。

 

型番末尾0のGalaxy S21シリーズは、中国版、香港版、台湾版の3種類あり、それぞれCHC、TGY、BRIが割り振られていますので、この画像の場合は台湾版と識別できます。そのため、購入後はこの部分をチェックすることを忘れないようにしてください。

 

筆者はeBayで販売地が香港に設定されている所で購入したら台湾版だったので、香港版を確実に入手したい場合はまめこmobile(@Mameko_Mobile)、イオシス、Expansysで注文したほうが良いと思います。

 

もちろんメルカリやラクマも悪くありませんが、1つ目の見分け方が利用できない場合はコメントもせずに購入しない選択をしましょう。