Dell Inspiron 13 7000(7391)の回復ドライブを作成、所要時間約40分

Dell Inspiron 13 7000(7391)の回復ドライブを作成、所要時間約40分
スポンサーリンク

先日購入したDell Inspiron 13 7000(7391)にはリカバリーディスクが付属されていませんでしたので、自分で回復ドライブを作成しました。どうやら最近はリカバリーディスクや回復ドライブを付属させない流れのようで、これらを作成せずに使用を続けていざ初期化をしないといけなくなった場合に困ってしまいます。

 

Dell Inspiron 13 7000(7391)はディスクを読み取る装置がついていないので、USBメモリで回復ドライブを作成します。回復ドライブとして必要な容量は機種によって違うようで、8GBで足りることもあれば16GBで足りないこともあり、今回は情報がなかったので32GBを購入しました。

 

Windows 10には回復ドライブを作成する機能が初期搭載されており、タスクバーの検索窓に「回復ドライブ」と入力すると「回復ドライブの作成」が表示されるのでそれをクリックします。

 

回復ドライブの作成をクリックしたらこのような画面になるので「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックマークを入れます。

 

この画面でどの容量のUSBメモリが必要か教えてもらえます。今回は16GB以上が必要なので、32GBあればOKです。32GB以上を要求されることはほぼないようなので、新しいPCを購入する際は32GBのUSBメモリを同時に購入するといいでしょう。

 

この画面でUSBメモリを挿入すると使用可能ドライブに挿入したUSBメモリが表示されるはずです。回復ドライブを作成する際はUSBメモリ以外の保存媒体はPCに挿入したままにしないようにしたほうが安心かつ安全です。

 

「次へ」をクリックするとUSBメモリのデータがすべて削除される旨の注意書きが表示されます。万が一のことを考えて新品を購入するのが望ましいと思います。

 

「作成」をクリックするとUSBメモリを回復ドライブにする捜査が始まります。ここで気をつけたいのは容量にも依りますが長い時間がかかるので、スリープモードにならないように電源が切れないようにする必要があります。最悪の場合USBメモリが使用できなくなってしまうので、最新の注意をはらいましょう。

 

Dell Inspiron 13 7000(7391)の場合は40分程度かかりました。8GB程度であればもっと早くなります。

 

これにて回復ドライブの作成が完了しました。この回復ドライバは初期化する際に必要になりますので、なくさないようにしましょう。