Meizu 16T用MoKee ROMの開発が始まる、Android 10がベース

Meizu 16T用MoKee ROMの開発が始まる、Android 10がベース
スポンサーリンク

Qualcomm Snapdragon搭載機における共通したBootloader Unlock方法が見つかったことによってカスタムROMの開発がほんの少しだけ活性化しました。

 

Bootloader Unlockが出来るとTWRPをインストールし、カスタムROMを導入することが出来ます。ただそれは対応するTWRPと対応するカスタムROMが必要で、そのようなものが存在しない機種はGSI ROMをインストールすることで通常では得られないものを得ることが出来るようになります。

 

今回、Meizu 16T用MoKee ROMがXiNGRZ氏によって開発が進められており、画面内指紋認証やステータスバーの表示など最適化が行われている途中です。バージョンはAndroid 10をベースとしたMoKee 100.0で、もし導入が誰にでも出来るようになればMeizuよりも早くAndroid 10を体験することが出来ます。(進捗を公開する画像はすべて削除されています。)

 

MoKee ROMは馬丁竜猪氏が立ち上げた魔趣科技(上海)有限公司によって作成されたサードパーティ製カスタムROMで、Android OSをベースとしています。

 

Source