Meizu 17用MoKee 100.0 ROMの開発がスタート、実機による実験開始で早期リリースに期待

Meizu 17用MoKee 100.0 ROMの開発がスタート、実機による実験開始で早期リリースに期待

Meizu 17

Qualcomm Snapdragon 865 5Gを搭載したMeizu 17にTWRPが非公式に公開され、その公開したTWRPをきっかけとしてAOSPベースのAndroid 10 ROMのMoKee 100.0 ROMの開発がスタートしていることが明らかになりました。MoKee ROMはオープンソースなカスタムROMで、中国企業が発表したスマートフォンの多くが対応しています。

 

MoKee 100.0 ROMの開発をスタートさせたのはMeizu 16sやMeizu 16s Pro、Meizu 16TやMeizu 16th Plusのサポートを行っているXiNGRZ氏で、公開した画像にはMeizu 17にテスト版のMoKee 100.0 ROMをインストールしている様子がTWRPのログからわかります。インストールしているzipファイルの名称がpackage.zipとなっているため、進捗としては初期段階だと思われます。

 

XiNGRZ氏は自身のGitHubにてMeizu 17とMeizuスマートフォン用Snapdragon 865 5Gのリポジトリーを作成しており、本格的な開発に舵を切っています。複数のMeizuスマートフォンのサポートを行っている人なので完成度に期待がかかります。更にXiNGRZ氏が開発しているMoKee 100.0 ROMはGSI ROMではなくカスタムROMとなっているため、Meizu 17のパンチホールによる表示領域の変化にも対応し、Meizu 17の仕様に合わせて調整が行われます。

 

 

Source(1) | (2)