AnTuTuがiPhone 11シリーズのベンチマークスコアを公開、圧倒的な性能を見せつける

AnTuTuがiPhone 11シリーズのベンチマークスコアを公開、圧倒的な性能を見せつける
スポンサーリンク

AnTuTu Benchmarkを開発提供しているAnTuTuが先日発表されたiPhone 11シリーズのベンチマークスコアを公開しました。iOS向けAnTuTu BenchmarkはVersion 7が最新のため、中国市場でリリースされているAndroid向けAnTuTu Benchmark Version 8とは直接比較できないので注意してください。

 

AnTuTuが公開したのはiPhone 12.1とiPhone 12.3とiPhone 12.5で、それぞれマーケットネームはiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxです。全てに共通してApple A13 Bionicが搭載されていますが、画面解像度が異なっているので全て全く同じスコアが出ていないことをご了承ください。

気になる性能はCPU性能やGPU性能などを合算した総合性能のみ公開されており、細かな性能は明らかにされていません。iPhone 11は456,655点、iPhone 11 Proは455,452点、iPhone 11 Pro Maxは462,098点となっています。Apple A12 Bionicが搭載されているiPhone XSやiPhone XS Maxは348,247点と347,335点なので大幅に成長しています。Appleの発表ではCPU性能GPU性能ともに大幅な性能向上と省電力化に成功しているので、それが数値としてしっかり表れています。

 

今回はiPhone 11 Pro Maxのスコアを拝借し、AnTuTu Benchmark Version 7内で簡単に比較します。流石にタブレット向けApple A12X Bionicには及びませんでしたが、スマートフォンの中では圧倒的な性能を保持。GPUをオーバークロックしたQualcomm Snapdragon 855でも全く太刀打ちが出来ておらず、完全なる頂点に立ったと言えるでしょう。

 

ちなみに冒頭で説明したAnTuTu Benchmark Version 8環境ではGPUをオーバークロックしたQualcomm Snapdragon 855は50万点を超えますが、iOS向けはAnTuTu Benchmark Version 8がリリースされていないため比較が出来ないので、おかしな比較はしないようにお願いします。

 

Source