ZTEがMediaTekと共同で700MHz帯における5G VoNR通話に成功したと報告

ZTEがMediaTekと共同で700MHz帯における5G VoNR通話に成功したと報告

Other

中国のZTEは台湾のMediaTekと共同で西安試験基地(せいあん/Xi’an)にて700MHz帯(n28)における5G VoNR通話に成功したと報告しました。700MHz帯は4G LTEではB28として利用されている帯域で、日本ではdocomo、au、Softbankが利用しています。

 

VoNRは5GのNRを使って音声・ビデオ通信を行うために作られた技術で、SA(スタンドアローン)構成になったときにのみ使用することが出来ます。SA構成は正真正銘の5Gと言われていて、今の日本で商用化されているのは4Gとの連携を前提にしたNSA(ノンスタンドアローン)構成を利用しています。今回の実験では、ZTEはMediaTek製5G通信対応SoC、MediaTek Dimensity 800を搭載した5G通信対応スマートフォンを利用し成功したと報告しました。

 

先日ZTEはQualcommと共同で西安試験基地においてQualcomm Snapdragon 5G Modem(X52かX55かX60)を搭載した5G通信対応スマートフォンで700MHz帯(n28)における5G VoNR通話に成功したと報告しており、これでQualcommとMediaTekが700MHz帯における5G VoNR通話実験に成功したことになります。この他5G通信対応SoCを開発している企業として韓国のSamsung、中国のUnisocが確認できています。

 

 

Source(1) | (2) | 参考