Xiaomi Mi 2が54ヶ月(4年6ヶ月)もアップデートされていると判明。一体いつまでサポートされるのか?

1メーカー1製品という集計で、どのスマートフォンが長くサポートされているかを分かりやすくまとめた表が、明確な流出場所がわかりませんが流れました。

日本では同列に扱われているHuaweiとHonorは別ブランドとして集計されています。

ベースとなっているAndroidのバージョンがされているかの集計ではなく、カスタムUIのアップデートも含めたランキングとなっています。

 

何とXiaomi Mi 2が54ヶ月もサポートが続けられているということで、1位になりました。

2012年8月16日にリリースされたスマートフォンで、1,676日もサポートされ、リリース当初はAndroid 4.1をベースとしたMIUI 4.0、今現在ではXiaomi Mi MIXにも搭載されているMIUI 8.0となっています。

2位はAppleのiPhone 5で2012年9月13日にリリースされ、1,648日もサポートされ、リリース当初はiOS 6.0.1でしたが、今現在はiOS 10.3となっています。

3位はMotolora製のNexus 6で2014年10月16日にリリースされ、上位2機種と比較すると半減しますが885日もサポートされ、リリース当初はAndroid 5.0 Lollipopで、今現在はAndroid 7.1.1 Nougatまでアップデートされています。

 

他にはSmartisan T1(2014年)が33ヶ月、Meizu MX4(2014年)が29ヶ月で2年を超えてアップデートされており、SAMSUNG Galaxy S6(2015年)が23ヶ月、nubia Z9 Max/Mini(2015年)が23ヶ月、LeEcoのLe 1シリーズ(2015年)が22ヶ月で2年で超えることが出来るかの瀬戸際に位置しています。

このランキングで最新のAndroid 7.x Nougatにアップデートされているものは、Nexus 6(Android 7.1.1)、ZUK Z1(ZUI 2.5)、Huawei Mate 8(EMUI 5.0)、Honor V8(EMUI 5.0)と非常に少なく、Galaxy S6はアップデート予定となっています。

Smartisan T1に至っては未だにAndroid 4.4のままでAndroid 5.1へのアップデートはないと明言していたり、54ヶ月もサポートされ続けているXiaomi Mi 2も最新版のMIUI 8.1でAndroid 5.0.2という古いOSを使用し続けていたりし、“サポート”は続けているけれども“アップデート”はされていないと考えることが出来ます。

ある程度までサポートしたら切り捨てないと、Android 5のカスタムUI、Android 6のカスタムUI、Android 7のカスタムUIとリソースが無駄に溜まっていまいますので、長くサポートすることは素晴らしいですけれども、後に自分の首を絞めていくことになるでしょう。

ということを考えるとiPhone 5、Nexus 6がより良いアップデートが続けられているスマートフォンで間違いないですね。

 

Source