Xiaomi Mi 10T Lite 5Gに5G SA/NSA(Sub-6GHz)対応アップデートが配信

Xiaomi Mi 10T Lite 5Gに5G SA/NSA(Sub-6GHz)対応アップデートが配信

Other

Qualcomm Snapdragon 750G 5Gを搭載したXiaomi Mi 10T Lite 5G(レビュー)に5G通信に対応させるアップデートが配信されました。

 

購入当初のバージョンはMIUI V12.0.1.0.QJSMIXMで、その次のアップデートはMIUI V12.0.5.0.QJSMIXM、そして12月4日に確認した最新のアップデートではMIUI V12.0.6.0.QJSMIXMとなっています。主な更新として、2回目のアップデートではセキュリティパッチレベルを2020年10月1日に更新、3回目は5G SA/NSA(Sub-6GHz)対応となっています。

 

Xiaomi Mi 10T Lite 5Gが対応している5G NRバンドはn1/n3/n5/n7/n20/n28/n38/n41/n77/n78となっており、日本の主要な4キャリアの5G NRバンドはn77とn78なので理論上は対応していますが、n77は3.6GHzから4.2GHzでn78は3.3GHzから3.8GHzと広い周波数を含めており、例えばNTTドコモのn77は3.6GHzから3.7GHzをn77と定義し提供を行っていますが、その機種が3.6GHzから3.7GHzのn77に非対応で3.8GHzから3.9GHzのn77に対応していた場合は、NTTドコモが提供する5G通信を利用することが出来ません。そのため、スペックにn77対応と記載されていても必ずしも全てのn77が利用できるわけではないという点には注意しましょう。

 

今回、Xiaomi Mi 10T Lite 5Gが5G通信対応アップデートを配信しましたが、筆者は5G通信に対応したSIMは楽天モバイルのみを所有し、その楽天モバイルが提供する5G通信対応エリアから離れたところに住んでいるためテストは行っていません。今回の情報はあくまでもXiaomi Mi 10T Lite 5Gが正式に5G通信に対応するアップデートを提供したということになります。