Meizu Pro 5、Meizu MX5、Meizu MX4 Pro、Meizu m1 metalに搭載されている指紋認証機能をONにする方法

2016年2月15日現在、Meizu Pro 5、Meizu MX5、Meizu MX4 Pro、Meizu m1 metalの4機種5モデルに指紋認証機能が搭載されております。

使い方さえわかってしまえば、電源ボタンに一切触れること無くホーム画面までいけてしまうので非常におすすめです。

今回はその指紋認証機能をONにする方法。そして、便利な使い方をお教えしたいと思います。

 

指紋をスマートフォンに登録する

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

S60215-210353

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

S60215-210356

Settings -> Fingerprint and securityの中にある、Fingerprint managementをタップします。直訳すると指紋管理となり、複数の指紋を登録できます。

指紋認証機能はホームボタンのセンサーを利用します。

 

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

S60215-210438

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

S60215-210734

Place your fingerと表示されましたら、ホームボタンに登録したい指を置きます。ホームボタンを押してしまうとホームの挙動をしてしまうので、戻る操作をするように優しく置きます。

この指紋登録に関しての注意事項なのですが、素早く指を置いてしまうとスマートフォン側が混乱してしまうので一度バイブが鳴ったら0.5秒ほど置いて、ホームボタンに指を置く、0.5秒待つ、ホームボタンに置くを繰り返すと上手に指紋登録出来ます。

 

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

S60215-210741

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

S60215-210745

指紋登録ができるとパスコードを登録します。このパスコードは指が乾燥した時や怪我をして上手に認証ができなかった時にパスコードを入力してロックを解除するのに必要です。

ダイアル風のパスコードか、右上の Use conplex password をタップするとアルファベットと数字を混合させた強固なパスコードを登録することが出来ます。

 

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

S60215-210807

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

S60215-210825

実はこのダイアル風のパスコード、指を滑らすことで数字を連続で入力できます。指紋認証機能を持った他社スマートフォンを使用したことがないのであまりわかりませんが、ひとつひとつ入力しないといけない物が多いようなので、こういう地味なところの便利さは重要ですね。

ダイアル風は4 ~ 6文字、アルファベットと数字を混合させたものは4 ~ 17文字です。

二度同じものを入力したら登録完了です。

 

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

S60215-210835

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

S60215-212156

同じ指の違う角度を登録したい時や、別の指を登録したい時は再度Fingerprint managementをタップします。

今度は1つ目の指紋を登録していますので、それを勝手に削除されてしまうと困るのでパスコード入力画面が出ます。1つ目の指紋を登録した時と同じパスコードを入力し、ロックを解除します。

すると、最初に登録したFingerprint 1という表示があり、下にあるADD FINGERPRINTをタップすると指紋を追加で登録することが出来ます。

 

S60215-212654

登録した指紋を消したいときは、消したい指紋の数字をロングタップすると、セレクト画面が出て下にゴミ箱のアイコンと共にDeleteという表示があると思うのでタップし、Deleate x(数字) fingerprint(s)をタップすると登録した指紋を消すことが出来ます。

現時点では名称を変えることが出来ません。ここを変えることができるとどの指で登録したかわかりやすいんですけどね・・・。

 

実際に使って見る前に

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

S60215-213020

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

S60215-213431

今度はSettings -> Accessibility内にあるGesture wakeupをタップします。

こちらの機能は画面が暗い(スリープ)時に画面に特定の指のなぞり方をすると登録した動きをしてくれるというものです。この機能自体は最近の端末に搭載されており、便利だと思った方は多いでしょう。

こちらの中にある、Double-tapをONにします。これで電源ボタンを触らずに画面をONにすることが出来ます。指紋認証機能やパスコードを使用しないのであれば、Slide upwardをONにすると画面をスライドアップするだけでロックを解除することが出来ます。

 

実際に使用してみる

 

S60215-210844

電源ボタンを押し、画面を点灯させると何の変哲もない画面が出てくると思います。ここでいつもの様にロックを解除するとパスコード入力画面が出ます。もちろんここでも指を滑らすことが出来ます。指紋がうまく読み取れない時などはこの操作でロックを解除しましょう。

パスコードを入力したり指紋がうまく読み取れた場合はロック解除でき、画面をOFFにする前の画面が出てきます。

 

ここで、先ほど登録したスリープ時に画面を特定のなぞり方をすると、それにあった動きをする操作で登録したDouble-tapを実際にやってみます。

スリープ時に画面をトトンと(トントンでも大丈夫)すると、画面が点灯します。電源ボタンと同じ挙動をするので、こちらの操作を覚えてしまえば電源ボタンを触らずにロック解除することが出来ます。

そして、ホームボタンを押し込んでも画面が点灯するので登録した指でホームボタンを押し込むと、画面点灯 -> ロック解除を一つの操作で行うことが出来ます。

 

1度使ってしまうと便利さに驚き、虜になってしまうと思うので是非試してみてください。