【2018年3月】今日頭条におけるスマートフォンの人気ランキングが公開

ニュースSNSアプリの今日头条(今日頭条)におけるスマートフォンの人気ランキングが公開されました。

中国ではどのようなスマートフォンが人気なのかがわかります。

 

2018年2月のランキングは以下の記事をご覧ください。

 

解説

スマートフォンメーカーは以下のように表されています。

华为(Huawei)、小米(Xiaomi)、苹果(Apple)、荣耀(honor)、一加(OnePlus)、魅族(Meizu)、三星(SAMSUNG)、努比亚(nubia)、锤子(Smartisan)、酷派(Coolpad)、OPPO、vivo、魅蓝(mblu)、诺基亚(NOKIA)。

魅蓝は魅族のサブブランドとして認識されたため独立しています。

 

閲覧数

全体的に前月と比較して閲覧数がアップしました。1位はXiaomi、2位はHuawei、3位はOPPOという結果になりました。

その中でもXiaomiの102.32%、OPPOの343.65%、vivoの102.36%は大幅アップになっていますが、NOKIAが713.58%で異常なまで閲覧層が増加しています。中国国外で売れているというニュースが流れたのがこの時期だったので、閲覧数が上がったのでしょう。

 

検索数

1位はHUAWEI P20、2位はXiaomi Mi MIX 2s、3位はXiaomi Redmi Note 5という結果になりました。その中でもHUAWEI P20、Xiaomi Mi MIX 2s、vivo X21、Meizu E3、OPPO R15は新規ランクインとなっています。

Xiaomi Redmi Note 5の検索数が増加したのは、先にインドで発表されたということもあって継続的な検索はされていましたが、中国でも同機種を発表したので3月に大幅アップしたのだと考えています。

 

京東における販売台数ランキング

中国ECサイトの京東における販売台数ランキングで、販売台数は公開されていません。

1位はApple iPhone 8 Plus、2位はhonor 9 lite、3位はhonor ChangWan 7X、4位はXiaomi Redmi 5 Plus、5位はXiaomi Redmi 5A、6位はhonor ChagWan 6、7位はhonor ChangWan 7C、8位はhonor V10(中国国外ではHonor View 10)、9位はhonor V9 Play、10位はhonor 9という結果になり、10機種中7機種がhonor製スマートフォンとなっています。基本的に1000元(約17,000円)未満になる安いスマートフォンが売れているようです。

 

話題になったスマートフォンの機能

1位はOPPO R15の星空紫というカラーについて、2位はHUAWEI P20(Pro)に採用されたライカ監修3つのカメラ(トリプルカメラ)について、3位はOPPO R15はAIによるポートレートモードについて、4位はMWC2018で展示された完全フルディスプレイスマートフォンのvivo APEXの特徴的な機能である飛び出し式の前面カメラについて、5位NOKIA 8 Siroccoの背面のカメラのZEISS(カールツァイス)認証光学系レンズについて、6位はOPPO R15の夢鏡紅のカラーについて、7位はLenovo S5のブロックチェーン技術搭載スマートフォンについて、8位はHUAWEI P20(Pro)の一番下に搭載されているモノクロの2000万画素の絞り値f/1.6のカメラについて、9位はOPPO R15の雪盈白のカメラについて、10位はXiaomi Mi MIX 2sのセラミックボディについて、となっています。

やはり新しいフラッグシップモデルに採用・搭載された珍しいものについて検索する人が多いようです。

 

Source