【2017年8月】今日頭条におけるスマートフォンの人気ランキングが公開

ニュースSNSアプリの今日头条(今日頭条)におけるスマートフォンの人気ランキングが公開されました。

中国ではどのようなスマートフォンが人気なのかがわかります。

新聞頭條
新聞頭條
Developer: coople.cn
Price: Free

 

2017年7月のランキングは以下の記事をご覧ください。

 

解説

スマートフォンメーカーは以下のように表されています。

华为(Huawei)、小米(Xiaomi)、苹果(Apple)、荣耀(honor)、一加(OnePlus)、魅族(Meizu)、三星(SAMSUNG)、努比亚(nubia)、锤子(Smartisan)、酷派(Coolpad)、OPPO、vivo。

 

閲覧数

1位はHuaweiで1億検索数に達するレベルで、2位のXiaomiもそれを追いかける形になっています。

Huawei、Xiaomiから大きく離れてOPPOが3位、4位のAppleは来るiPhone 8によって検索数が上がり、5位のMEIZUは唯一検索数が下がっています。

ZTEから離れることが決定したnubiaが10位にランクインし、おそらくこのZTEとの騒動で検索数が上がっているだろうと思われます。

 

男女別人気メーカー

男性部門はXiaomi、Huawei、Apple、SAMSUNG、MEIZU、OPPO、OnePlus、vivo、honor、nubia。

女性部門はApple、Huawei、OPPO、vivo、Xiaomi、honor、MEIZU、SAMSUNG、OnePlus、GIONEE。

男性部門はやはりスペックの高い機種を販売しているメーカーが高位置におり、一方で女性は自撮りなどのカメラ機能を重視されたメーカーが上位にいます。

女性部門の10位にいるGIONEEは背面・前面合わせて4つのカメラを搭載しているGIONEE S10というスマートフォンが人気で、搭載されているSoCは悪いイメージがついているMediaTek Helio P25(MT6757CD)ですがそれ以上の魅力で販売に成功しています。

 

検索数

全世界が注目しているiPhone 8が94.40%の成長で1位、Snapdragon 835・デュアルカメラのXiaomi Mi 6は0.72%のマイナス成長で2位、8月23日に発表されたSnapdragon 625の搭載によって盛り上がったMeizu M6 Noteが7326.21%の成長で3位、8位には8月24日に発表されたGalaxy Note7を払拭して進化したGalaxy Note8が329.89%の成長です。

後継機の存在が公式によって発表されたHuawei Mate 9は14.38%のマイナス成長で9位、他のスマートフォンの話題によって検索されなかったのでしょうか、Huawei P10が7.70%のマイナス成長で10位。

 

男女別検索数

男性はiPhone 8、Xiaomi Mi 6、Meizu M6 Note、Xiaomi Mi 5X、honor 9、OnePlus 5、SAMSUNG Galaxy S8、SAMSUNG Galaxy Note8、Huawei P10。

女性はiPhone 8、honor 9、Xiaomi Mi 6、Xiaomi Mi 5X、OnePlus 5、OPPO R11、iPhone 7、Meizu M6 Note、Huawei P10、Huawei Mate 9。

男女ともにiPhone 8が1位となり、やはりiPhoneブランドは格別です。

男性はMeizu M6 Noteを多く検索しているようですが、女性はさっぱりで、一方で女性はカメラや音楽機能に力を入れたOPPO R11がランクインしていますが、男性部門ではランク外だったりと、男性はスペック、女性はカメラ・音楽などの日常生活での実用性を重視していることがわかります。

その中でもコスパで語られることの多いXiaomi Mi 6が両部門で上位に位置しているというのはXiaomiの戦略がよく進んでいることの表れではないでしょうか。

 

話題になったスマートフォンの機能

1位はMeizu M6 NoteのSnapdragon 625について、2位はOPPO R11のFCバルセロナとコラボしたOPPO R11 巴薩限量版について、3位はOPPO R11のポートレートモードについて、4位はOPPO R11のマイクロスリットアンテナ(カメラの下にある3本線)について、5位はAGM X2の三防(防水・防寒防熱・防塵)について、6位はOPPO R11の前面カメラでの背景ぼかしテクニックについて、7位はiPhone 8の全画面の噂について、8位はMeizu PRO 7のディスプレイ(背面の小型カラーディスプレイ)について、9位はOPPO R11のVOOC(OPPOの独自急速充電規格)について、10位はMeizu M6 Noteの背面のメインカメラに搭載されているIMX362センサーについて。となっています。

世界的に見ても無名メーカーだったAGMの新フラッグシップモデルのAGM X2が非常に頑丈なスマートフォンであることから注目を浴び、検索数が伸びています。

 

参考

 

カスタムUIの注目度

7月のランキングと変わりなく、XiaomiのMIUI、Huawei・honorのEMUI、MEIZUのFlyme、AppleのiOS、SmartisanのSmartisan OSとなっています。

他にはYunOS、ColorOS、FuntouchOS、MiFavorなどのカスタムUIがありますが、中国においてはこの5つが注目されているようです。

 

他にも面白いランキングが有りますので、是非ソースをご覧ください。

 

Source