中国市場における2020年Q1のSoC出荷シェアが公開、Huawei完全子会社HiSilicon強し

中国市場における2020年Q1のSoC出荷シェアが公開、Huawei完全子会社HiSilicon強し

Other

中国の調査会社CINNO Researchが2020年Q1(1月-3月)の中国市場におけるSoC(System-on-a-chip)の出荷シェアを公開しました。

 

CINNO Researchによると2020年Q1における中国市場のSoC出荷シェアは1位がHiSiliconで43.9%、2位がQualcommで32.8%、3位がMediaTekで13.1%、4位がAppleで8.5%、その他が1.7%となっています。Qualcommの出荷シェアは2018年は48.1%、2019年は37.8%、2020年は32.8%と徐々に少なくなっている一方で、HiSiliconは2018年は24.3%、2019年は36.5%、2020年は43.9%と急速にシェアを増やしています。

 

2020年Q1におけるHiSilicon製SoCはHuawei Kirin 990 5G、Kirin 990、Kirin 810が主流で、5G通信に対応したスマートフォンはハイエンド製品が目立っています。

 

Source