Samsung Exynosの新ロゴの意味が判明、単純なデザインだが深い意味を持ったロゴに

Samsung Exynosの新ロゴの意味が判明、単純なデザインだが深い意味を持ったロゴに

Processor/Platform
スポンサーリンク

2019年6月に明らかになったSamsungが開発しているSamsung Exynosプロセッサーの新しいロゴについて、Samsungは意味を解説しました。

 

Samsungによると新しいロゴは「“X”を正方形のドットで表したもので、その全てのドットが隣接されています。この隣接した正方形のドット人、技術、物事が繋がっている様子を意味し、すべての方向から分岐している“X”はExynosが中心からすべての方向に探索し、拡大し、新しい可能性を発見すること」を意味しているようです。

同時に、“X”はExynosが描く3つのビジョン、Exproler(探索する)、Expand(展開する)、Excel(秀でる)を意味しています。

 

Samsungは2019年にExynos 7904Exynos 9606Exynos 9825Exynos 980Exynos 9611Exynos 990を発表しています。この6種類のプロセッサーの内、5Gモデムが統合されたExynos 980はvivoが採用しvivo X30とvivo X30 Proが、Exynos 9606を搭載したMotorola P50が販売されており、中国市場でも力を見せてきています。

 

Meizuは長きに渡ってExynosプロセッサーを搭載した機種を販売していましたが、2020年1月現在、2018年4月に発表したExynos 8895を搭載したMeizu 15 Plusが最後となっています。MeizuはQualcomm、MediaTek、Samsung製SoCを採用したことのある珍しい企業の1つですので、2020年にExynosプロセッサーを搭載したMeizu製スマートフォンが販売されることを期待しています。

 

 

Source