TCLがSnapdragon 460を搭載した製品を開発中、Geekbenchに登場とBluetooth SIGの認証を通過

TCLがSnapdragon 460を搭載した製品を開発中、Geekbenchに登場とBluetooth SIGの認証を通過

Other

中国のTCLはQualcomm Snapdragon 460を搭載した製品を開発中であることがGeekbenchとBluetooth SIGの認証から明らかになりました。

 

TCLはT671Hの型番を持つ製品のBluetooth SIG認証を通過しており、製品カテゴリーとしてPhoneと記載されているためスマートフォンを開発しています。また、製品を持つウェブサイトとしてアメリカ市場向けのtclusa.comが記載されており、例えばまだ発表されていない製品ですがTCL 20 5Gとして開発しているT781はwww.alcatel-mobile.comの記載、日本市場にも発表しているTCL 10 5Gの型番T790はwww.tcl.com/の記載があり、T671Hのみウェブサイトで具体的な市場を明らかにしているので、アメリカ市場で販売する可能性が考えられます。

 

Geekbench 4でT671Hを検索してみたところ2020年11月4日に計測した事が確認でき、Android 11+RAM 4GB、SoCはbengalを搭載しています、bengalはQualcomm Snapdragon 662Snapdragon 460を意味しているので開発者コードを使用して詳しく見ると、CPUは4+4のオクタコア構成で周波数は1.8GHz+1.6GHz、GPUはAdreno 610を搭載していることが確認でき、Snapdragon 662のCPUは2.0GHz+1.8GHzでSnapdragon 460は1.8GHz+1.6GHzとなっているため、TCL T671HはSnapdragon 460を搭載した製品となります。

 

 

Source(1) | (2)