2018年1月のMeizuの動向まとめ

2018年1月におけるMeizuの動向をまとめます。

基本的にはReaMEIZUで記事になっているもののまとめとなっています。

 

12月の動向まとめはこちらをご覧ください。

 

1月1日~10日

①. MEIZUの出荷台数は中国で8番目

中国の国営放送のテレビ局のCCTV(中国中央電視台)のCCTV 2で放送された消費報告という番組で、MEIZUのスマートフォン出荷台数が中国で8番目であると報道されました。

MEIZUの総出荷台数は中国で8番目。中国全体の総出荷台数は減少傾向

 

②. Meizu MX6が販売停止

2016年のMXシリーズとしてリリースされたMediaTek Helio X20を搭載したMeizu MX6がMEIZUの公式オンラインショップの魅族商城で販売停止になっていました。

2017年はMXシリーズが発表されておらず、実質的にMediaTek Helio P25を搭載したMeizu PRO 7-SがMeizu MX7として発表されています。

魅族商城でMeizu MX6の販売が停止に。天猫でも販売停止だが京東では購入可能

 

③. Meizu PRO 7をタイムズスクエアのナスダックの広告等に掲載

2018年1月3日にアメリカのニューヨークにあるタイムズスクエアのNASDAQの広告塔に2017年のPROシリーズとしてリリースされたMeizu PRO 7を掲載していました。

この広告塔に掲載するのに必要な料金は1日1千万円と言われており、まだ進出していないアメリカで広告を打つことに疑問を浮かべます。

Meizu PRO 7をアメリカ・ニューヨークのタイムズスクエアのナスダックの広告塔に掲載

 

④. 魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の発表を予告

MEIZUのスマートフォンとしては初めて18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを搭載すると考えられている魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の発表会を1月17日に行うと予告しました。

魅藍 S6(Meizu M6s)の発表会を1月17日に行うことを告知。SAMSUNG Exynos 7872を搭載予定

 

④. 魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の実機画像がTENAAによって公開

魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の実機画像がTENAA(中華人民共和国工業情報化部)によって公開されました。

背面に“mblu”ロゴと“MEIZU”ロゴが描かれており、Huaweiとhonorの関係になる考えられていました。

魅藍 S6(Meizu M6s)の実機画像がTENAAによって公開。背面にmbluロゴとMEIZUロゴ双方とも表示

 

⑤. 未発表型番「M851」と「M811」の存在が確認

未発表型番の「M851Q」と「M851M」、「M811Q」と「M811M」と「M811C」がSRRC(中国無線電管理)の認証を通過しました。

型番規則から15周年を祝った「MEIZU 15 PLUS」になる可能性は低く、どちらもMシリーズの可能性が高いです。

MEIZUの未発表型番「M851Q/M851M」がSRRCの認証を通過

MEIZUの未発表型番「M811Q/M811M/M811C」がSRRCの認証を通過

 

1月11日~20日

①. 魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)を発表

MEIZUのスマートフォンとしては初めて18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを搭載した魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)を発表しました。

搭載されたSoCがSAMSUNG Exynos 5 Series(7872)であったことからMEIZUのファン、消費者によって注目を集めました。

魅藍 S6(Meizu mblu S6/Meizu M6s)を発表。SAMSUNG Exynos 7872を搭載したミドルレンジモデル

 

②. 魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の背面は2種類存在していることが判明

TENAAでの実機画像には背面に“mblu”ロゴと“MEIZU”ロゴが書かれており、初版分もこのモデルが販売されるようですが、日が経つと“MEIZU”ロゴのみの製品になることが判明しました。

購入の際には気をつけてほしいです。

魅藍 S6(Meizu mblu S6/Meizu M6s)の背面は2種類存在。購入の際は注意。

 

④. イヤホン「MEIZU LIVE」と「MEIZU Flow Bass」を発表

クアッドドライバーを搭載したフラッグシップモデルイヤホンのMEIZU LIVEと既に発表しているMEIZU Flowの低音を強化したMEIZU Flow Bassを魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)と同時に発表しました。

フラッグシップモデルイヤホン「MEIZU LIVE」を発表。クアッドドライバー搭載で約22,500円

低音を強化した「MEIZU Flow Bass」を発表

 

⑤. mbluブランドは中止?

様々な動きがあったmbluブランドですが、展開中止の動きも見受けられましたので様々な観点から考察しています。

魅藍ブランドを海外でmbluブランドとして販売するのは中止?様々な要素から考える

 

⑥. 中国における携帯電話の販売台数ランキングが公開

マーケティングを調査しているGfK中国が、中国における携帯電話の販売台数のランキングを公開しました。

中国市場における販売台数で、海外での販売台数や、出荷台数ではありません。

MEIZUは1,681万台で6位の好位置にいます。

中国における携帯電話の販売台数ランキングが公開。MEIZUは6位の高位置

 

⑦. MEIZU 15 PLUSのレンダリング画像がリーク

特許を取得したスマートフォンのデザインに着色した画像が公開されました。

MEIZU 15 PLUSのレンダリング画像がリーク

 

⑧. Flyme 6.3.0.0A stableがリリース

サポートが続いている全スマートフォンに安定版となるFlyme 6.3.0.0A Stableがリリースされました。

Flyme 6.3.0.0A/M/Q Stable 新春安定版がリリース

 

コラム

MediaTekが2018年後半にフラッグシップモデル向けSoCのHelio Xシリーズを再度開発予定

Qualcomm Snapdragon 670がGeekbenchに登場。試作機なのか数値は大人しめ

SAMSUNGがExynos 9 Series(9810)を正式発表。GPUのコア数は減少したものの、CPUは最大2.9GHzのモンスターチップに

中国における携帯電話の総出荷台数は4.91億台、前年比12.3%減という結果に

iPhoneの性能低下をAnTuTuベンチマークのデータから見てみる

SAMSUNG Exynos 5 Series(7872)のAnTuTuベンチマークとGeekbenchの結果が公開

Xiaomiによる自社製SoC「Surge S2」の情報がリーク。HiSilicon Kirin 960と同等レベルのスペックになる予定

MediaTek Helio P70と思われるAnTuTuベンチマーク結果がリーク

■SAMSUNG Exynos 9 Series(9810)のリトルコアがA55の1.9GHzであることが判明

MediaTek Helio P38の情報がリーク

 

レビュー

魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)のフォトレビューを書いています。

魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)のフォトレビュー 

 

Source