2018年2月のMEIZUの動向まとめ

2018年2月のMEIZUの動向まとめ

2018年2月におけるMEIZUの動向をまとめます。

基本的にはReaMEIZUで記事になっているもののまとめとなっています。

 

2018年1月の動向まとめはこちらをご覧ください。

 

2月1日~10日

①. 魅藍事業部総裁が2000元程度の製品を予告

魅族・魅藍ファンの集うWeChatのグループにて魅藍事業部総裁の 李楠(Li Nan) 氏が「2000元程度のスマートフォンを考えている」と発言しました。

魅族事業部副総裁が2000元程度のスマートフォンの存在を予告

 

②. 魅藍 E3と思われる実機画像がリーク

未発表で存在が明らかになっている魅藍 E3と思われる実機画像がリークしました。

魅藍 E3(Meizu M3 E)の実機画像がリーク。デュアルカメラとリング状のLEDフラッシュを採用

 

③. Meizu PRO 7がiFデザイン賞を受賞

ドイツのインダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)主催する“デザイン会におけるオスカー賞”を自称した世界的に最も権威のあるデザイン賞のひとつとなるiFデザイン賞を背面にタッチ可能なディスプレイを搭載したMeizu PRO 7が受賞しました。

Meizu PRO 7がiFデザイン賞を受賞

 

④. Meizu Gravityが再度3Cの認証を通過

一度は断念した日本人のデザイナーの坪井浩尚がデザインを手がけた、Wi-Fi & Bluetoothスピーカー「Meizu Gravity」が3Cの認証を再通過しました。

Meizu Gravityが3Cの認証を再度通過

 

⑤. Meizu 15、Meizu 15 Lite、Meizu E3の存在が明らかに

MEIZUによる未発表スマートフォンの「MEIZU 15」、「MEIZU 15 Lite」、「MEIZU E3」がGoogle Playのサポート端末リストに追加されました。

Meizu 15、Meizu 15 Lite、Meizu E3を開発中。Google Playのサポート端末リストに追加

 

⑥. 魅藍 E3の新たな画像がリーク

魅藍ブランドからリリースされる予定の魅藍 E3(Meizu E3)の実機画像が微博にリークしました。

魅藍 E3(Meizu E3)の実機画像がリーク

魅藍 E3(Meizu E3)の新たな実機画像がリーク

 

⑦. 魅藍 E3の招待状がリーク。3月6日に発表予定?

魅藍ブランドからリリースされる予定の魅藍 E3(Meizu E3)の招待状が流出しました。

招待状が流出するというのは今までのMEIZUを見ても非常に珍しく、情報秘匿の徹底管理が行えていないという現状を伝えていることになります。

魅藍 E3(Meizu E3)の招待状が流出。発表会は3月6日に行う?

魅藍 E3(Meizu E3)はGシリーズの他にPシリーズも用意。Meizu E3 GとMeizu E3 Pの2シリーズ展開予定

 

⑧. Meizu 15 Plusの存在が確認

MEIZU創立15周年を祝った「Meizu 15」シリーズの最上位モデルとなる「Meizu 15 Plus」がGoogle Playのサポート端末リストに追加されました。

これにより「Meizu 15」シリーズはPlus、無印、Liteの3機種展開を行うことが判明しました。

Meizu 15 PlusがGoogle Playのサポート端末リストに追加。Meizu 15シリーズはPlus、無印、Liteの3機種展開

 

⑨. 極光(JIGUANG)がMEIZUのユーザー層を公開

中国の携帯電話についてデータを集計している極光(JIGUNAG)によってMEIZU(魅族科技)のユーザー層が公開されました。

極光(JIGUANG)がMEIZUのユーザー層を公開

 

2月11日-20日

①. 魅藍 E3(Meizu E3)と思われる「M851Q/M」がTENAAの認証を通過

3月6日に魅藍(M)シリーズとして発表予定の魅藍 E3(Meizu E3)と思われる「M851Q」と「M851M」の実機画像がTENAA(中華人民共和国工業情報化部)によって公開されました。

魅藍 E3(Meizu E3)と思われる「M851Q/M」がTENAAの認証を通過

魅藍 E3(Meizu E3)と思われる「M851」のスペックがTENAAによって公開。Snapdragon 450を搭載?

 

②. Meizu M15の存在が確認

未発表スマートフォン、「Meizu M15」がGoogle Playのサポート端末リストに追加されました。

Meizu M15がGoogle Playのサポート端末リストに追加

 

③. Meizu 15 Plusの保護ガラスが流出し大まかなデザインが判明

中国ECサイトの天猫に出店している 栢洛光旗艦店 がMEIZU創立15周年を祝ったスマートフォンになる「魅族15 Plus(Meizu 15 Plus)」の保護ガラスを販売し、大まかなデザインが判明しました。

Meizu 15 Plusの保護ガラスが流出。大まかな筐体デザインが明らかに

 

④. Meizu M6sがEECの認証を通過

SAMSUNG Exynos 5 Sreies(7872)を搭載したMeizu M6s(中国版:魅藍 S6)が欧州経済共同体(EEC)の認証を通過しました。

これにより欧州市場でMeizu M6sが販売されることになります。

Meizu M6sが欧州経済共同体(EEC)の認証を通過

 

⑤. 魅藍事業部総裁が様々な情報をリーク

魅族・魅藍のファンが集うWeChatのグループにて魅藍事業部総裁 李楠(Li Nan) 氏が深夜にSnapdragon 845を搭載したスマートフォンを2999元で販売する、Meizu M7 Noteは存在しない、魅藍 E3がフラッグシップモデルレベルのスマートフォンになるなど大暴走を起こしました。

魅藍事業部総裁 李楠 氏が深夜に大暴走。Meizu M7 Noteは無し、Snapdragon 845は年末採用予定など様々な情報をリーク

 

2月21日-28日

①. グローバルマーケティング事業部CEOもSnapdragon 845採用を公言

グローバルマーケティング事業部CEOの Ard Boudeling 氏が「2018年の魅藍 X(Meizu X)シリーズにQualcomm Snapdragon 845を採用する」とTwitterで発言しました。

2018年のMeizu XシリーズにQualcomm Snapdragon 845を採用するとグローバルマーケティング事業部CEOが公言

 


アップデート

Flyme 6.3.0.1A/Q Stableがリリース

Flyme 6.3.0.2A Stableがリリース

Antutu

【2018年1月】AnTuTuベンチマークにおけるスペックの中央値が公開

【2018年1月】AnTuTuが価格性能比ランキングを公開。Exynos 7872を搭載したMeizu S6が堂々の1位

【2018年1月】AnTuTuベンチマークにおけるスコアランキングが公開。Huawei Mate 10 Proが1位に躍り出る

コラム

Meizu M6 NoteにXiaomi製カスタムUIのMIUI 9.2が移植される

Qualcomm Snapdragon 845のAnTuTuベンチマーク結果がリーク。GPUスコア約11万点、総合スコア27万点の大暴れ

魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の広告にスマートフォンを200台以上使用したらいくつか盗まれる事件が発生

Qualcomm Snapdragon 670のスペックがカーネルソースによって判明。CPUは2+6コアのオクタコア、GPUはAdreno 615

5Gに対応したQualcomm Snapdragon X50 5G NR Modemを合作する18企業を発表。SAMSUNGの名は無し

SAMSUNGがミドルレンジ向けプロセッサー、SAMSUNG Exynos 7 Series(7885)を発表

Qualcomm Snapdragon 636のベンチマーク結果が公開。SAMSUNG Exynos 7 Octa(7420)に匹敵

AnTuTuがQualcomm Snapdragon 845の計測結果を公開

MediaTek Helio P60のGeekbench結果がリーク。CPU性能はSnapdragon 660に匹敵

SAMSUNG Exynos 9 Series(9810)のAnTuTuベンチマーク結果が公開。総合スコアが約25万点と思うようなスコアは出ず

MediaTekがHelio P60を発表。12nm、A73x4+A53x4のオクタコア構成

Qualcommが新プラットフォームとしてSnapdragon 700シリーズを発表

レビュー

魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)のフルレビュー

Meizu MX4 Proのレビュー – in 2018

 

参考