MEIZUのルーターが一部企業の広告をブロックしていたとして北京市海澱区人民法院で提訴される

MEIZUのルーターが一部企業の広告をブロックしていたとして北京市海澱区人民法院で提訴される

Meizu News

MEIZU製のルーターが中国のポータルサイトを運営するIT企業の捜狐の広告を不正にブロックしているとして捜狐から提訴されていることが北京市海澱区人民法院によって判明しました。

 

捜狐が運営している「捜狐視頻」及びそれに対応するアプリの広告を不正にブロックし、数十万人に提供する映像コンテンツの著作権料、動画再生することで得られる広告宣伝費を得られなくする不正競争の疑いが持たれています。

該当製品は魅族路由器極速版(Meizu Router Ultimate Edition)で、この製品からは捜狐のビデオ、アプリ広告、その他のWeb広告をサイトからブロックする機能が発見されています。

 

捜狐は北京市海澱区人民法院を通じて提訴し、MEIZUに210万元(約3600万円)の損害賠償を求めています。

現在、北京市海澱区人民法院はこの事件を調査中とのことで、近く証拠が揃い次第裁判が行われます。

 

参考

Source